耐震の必要性

耐震って必要なの?

大地震が起こった時、わが家は耐えられるだろうか?
大切な家族を守れるだろうか?

住み慣れた家も、長年住み続けると色々と心配が生じます。
万が一に備え、耐震性を高める必要があります。

あの阪神・淡路大震災では多くの尊い命が奪われ、
その大半が住宅の倒壊などによるものでした。

天災とはいえ、悔しさ・悲しさが今だ記憶に強く残ります。

政府地震調査委員会では、今後30年以内に大地震が発生する確率は南関東直下型地震が70%
公表しています。

30年以内というのは、30年後というのではなく、明日起きても不思議ではないのです。

あなたが突然起こる地震から、あなた自身と家族を守るためには、耐震補強で地震に負けない強い家にすることが必要です。

あなたと家族を守れるのはあなたしかいません。

耐震リフォームのコツ

耐震リフォームのコツ

耐震はリフォームするとき一緒に考える事がベスト

リフォームに欠かせないのが構造のチェック、耐震性のチェック。

なぜなら建物の構造はその家の倒壊の可能性、しいては住む人の命を守れるか否かを左右する(決して大袈裟なことではありません)居住空間の要であると考えるからです。

 

ほとんどの業者さんは耐震を軽視する

ほとんどのお客様が予算内でできるだけキレイに素敵にリフォームしたいという思いから、耐震は二の次にされるケースが多いのが現状です。

リフォーム業者さんも「耐震」にお金をかけられるより、その分リフォームにお金を使って欲しいので「耐震」を言葉にせず、避けて通る傾向が見受けられます。
中には耐震に対する知識も根拠もなく、「外観がキレイだし手入れも良さそうなので大丈夫ですよ。」なんて言っている業者さんも・・・。

結局“キレイ・素敵リフォーム優先”で耐震は後回し・・・。
リフォームでキレイで素敵になっても耐震性が0“ゼロ”では、せっかくキレイなお家が完成しても、もし大地震が来たら・・・なんて。

素敵になっても不安が残るようでは、良い暮らしとは言えません。
もし土台が柱が白アリの被害にあっていたら・・・腐っていたら・・・・・
取り返しのつかない事になってしまうこともあり得るのです。

 

リフォームするときは信頼のできる耐震を得意とする工務店に相談する

大切なのはリフォーム時に信頼のできて耐震を得意とする工務店に相談することです。
もちろん、素敵リフォームも経験の多い自社設計・施工の工務店にです。
その時にも素敵リフォームのご自身の希望や夢を遠慮なくぶつける事です。
良い工務店さんであれば、きっと耐震性を兼ね備えた素敵リフォームを実現してくれるはずです。

 

信頼できるのは、地域に密着した地元工務店

また、土地柄や地元助成金制度等をよく理解した、地元の業者にお願いすれば、何かあった時もすぐに対応してもらえます。
近ければ打合せも頻繁に行えるので、お客様がより納得のいく工事ができるはずです。
地域に密着したサービスとアフターフォローは地元業者だからできることです。
後々、後悔しない為にもリフォームを計画された時には、まず耐震も考えて
下さい。
そして、ぜひ地元の工務店にご相談下さい。

 

他のリフォームの後じゃダメ?

ご家庭の状況や予算の関係で 耐震は先送りにされる方もいらっしゃると思います。

が・・・・・・・・、


ちょっと考えてみてください!

「耐震」 と 「リフォーム」 を一緒に行なうメリットを・・・。

確かに耐震補強は目で見て実感できる工事ではありません。
機能面の成果もすぐに判断しにくいところがあります。

『素敵』 『便利』 の実感を優先したいのもわかります。

しかし、リフォーム時に耐震補強をすることで耐震補強のコストをグッと抑えることができます。

耐震補強工事はコストの内、4割が補強費用・6割が解体費用と復旧費用です。

リフォームと一緒に耐震補強をすれば、そのコストを半分くらいに抑えることが可能となります。

さらに助成金・減税等を考慮すると・・・。

また、内装工事などの一般リフォームと一緒であれば、リフォームした結果が実感でき、喜びや満足感が得られますし、快適性と安全性の両方を手にすることができます。

住宅の資産価値も高まります。

 

耐震改修はリフォームと同時に行うのが合理的です!

リフォーム工事と耐震改修工事の流れ

リフォームと耐震改修の工事は共通工事が多いです。
同じ作業を一度で行うことが出来るので、合理的といえます。

地震補償

絶対じゃないし、補償もない?

「絶対に倒壊しない」という補償はできません。

 

耐震補強工事は地震という自然災害に対して、建物の強度を補填する為の工事になります。

「絶対に倒壊しない」という補償はできません・・・。

絶対に倒壊しない工事を行なおうとすると、費用が限りなくかかってしまい非現実的な工事金額
なってしまいます。

耐震補強工事をする際には、診断結果から、補強の優先順位を定め、予算と照らし合わせて
現実的な補強工事の計画を作成してもらいましょう。

もちろん、リフォームをした場合と同様の工事補償や設備補償の有無は確認を忘れずに・・・

 

当社のリフォームは〝地震補償付きリフォーム〟です。

リスタlogo

災害時、最大300万円の地震補償を付帯

日本に住む私たちにとって、もっとも身近で、もっとも不安な地震。
弊社では、お客様とそのご家族のみなさまにそんな不安を少しでも解消できますよう
「地震補償プラン(無料提供)」をご用意しました。
万が一、大地震でお住まいが被害を受けた場合、
最大300万円(1年間)の地震補償を受けられるお得な特典です。
地震保険にご加入の方でも補償は適用されます。

「地震補償付き住宅」の特徴

最大300万円の地震補償が受けられます。
地震によるお住まいの補修費用・建替え費用はもちろん、
緊急避難・引越し費用・住宅ローン返済・仮住まい費用としてもご利用いただけます。

保険金の受け取りがスピーディー。使い道も自由です。
お住まいが地震などによる被害を被り、地方自治体から「全壊・大規模半壊・半壊」の
いずれかの被害認定を受けた場合に、その認定に応じて保険金が受け取れます。
また、領収書等のご提出も不要です。

お客様のご負担はなし!!保険料は弊社が負担します。
弊社でリフォーム工事を行なわれた方で、その建物にお住まいの方であれば、
保険料のお支払なく、無料にて1年間地震補償が受けられます。


受け取った保険金を、例えばこんな使い方も・・・

 住まいの建替え費用・補修費用として
 住まいの復旧までの仮住まい費用として
 家族の引越し費用・緊急避難費用として
 住宅ローンの返済費用として

当社で『地震補償付きリフォーム』のパンフレットをご用意しております。
お問い合わせより、ご請求下さいませ。

過信

うちは大丈夫でしょ?

うちは腕の良い棟梁に建ててもらったから大丈夫だと思われている方。
もし、その建物が平成12年5月以前に建てられていたら
『危険な建物』 の可能性があります。

建物を建てる基準は年々新しくなり、定期的な構造のメンテナンスも必要です。
また
平成12年5月以前の住宅は阪神・淡路大震災で多くの建物が倒壊してしまった時の基準と同じで、建物を建てる基準が少し古いのが現状です。

長年、住み親しんだ愛着のある住まいのためにも是非、耐震診断でご自宅の状況を把握して下さい。

尚、耐震診断は建物の構造的な要素(壁の量や強さ、バランス等)だけではなく、
築年数に伴う老朽や劣化部分の確認、雨漏りや水漏れ、湿気等による腐朽、白アリ害等も含め、建物全般を調査・確認します。
住まいの健康診断ともいえます。
私たちの身体と同じで、健全で丈夫な建物は寿命も長くなります。

まずは自分でできる耐震診断をやってみて下さい。
※クリックすると簡単にすぐできます!

家が古い(築年数)

家が古いのにお金をかけるの無駄じゃないの?

決して無駄じゃありません。

大地震はいつ起こるかわかりません。
耐震はその地震から人の 『生命』 と 『財産』 を守るためにあります。

あなたとあなたの家族の尊い命を守るためなのです。

『耐震』 の助成金や減税・低金利を味方につけて
住まいの構造・耐久性の改善を計画されてみてはいかがでしょうか?

高齢者向け返済特例制度マイホーム借上げ制度もあります。
利用を検討してみては
いかがでしょうか

”無料”に注意

突然来た業者が『建物の無料診断をしてあげます』って。どうすればいい?

ハッキリと断ってください!

 

信頼できる業者の 『耐震無料』 は

“社会貢献のため”
“耐震補強をする方の負担を減らすため”
“耐震補強の推進のため”

等ありますが、そのために訪問営業すると思いますか?

しません!

ハッキリと断ってください。

『耐震』のはじめの不安

耐震の必要性

耐震リフォームのコツ

補償について

"無料"に注意