耐震コラム

耐震診断と耐震補強の助成金についてご紹介します!

2024年1月30日

地震が頻繁に起こる日本において、安全な住まいやビルを望む声は日増しに高まります。

しかし、耐震診断や耐震改修は高額な費用がかかるという認識があり、多くの建物所有者や管理者はその実行に二の足を踏んでるというのが現状です。
そこで今回は、耐震診断と耐震補強に関する助成金についてご紹介します。

□耐震診断の助成金についてご紹介!

1.全国展開される助成金の概要

日本各地で利用可能な耐震診断助成金は、その種類も豊富で、申請条件や補助金額には幅があります。
特定の地域に位置する建物、たとえば特定緊急輸送道路沿道の建築物に対しては、特別な補助金が設けられています。
これらの制度を利用することで、耐震診断にかかる負担を大幅に軽減できるでしょう。

2.申請方法とその手順

助成金の申請プロセスは自治体によって異なりますが、基本的な流れは共通しています。
まずは無料の概算見積もりを取得し、その後、必要書類を集めて申請を行う流れです。
多くの場合、専門家の協力を得ることでスムーズに申請を進められます。

3.補助金額の範囲と条件

補助金の額は数万円から数百万円と大きく異なり、建物の規模や自治体の条例によって左右されます。
たとえば、東京都では特定沿道建築物に対して、2011年の条例に基づき耐震化が義務化されており、これに伴う補助金も設けられています。
助成金を最大限に活用するためにも、地域ごとの制度を理解しましょう。

4.税制上の優遇措置

耐震改修促進法により、特定の建築物に対して行われる耐震改修工事には税制上の優遇があります。
耐震改修を行うことで得られるメリットは、直接的な補助金だけにとどまらず、税金の節約にもつながるのです。

□耐震補強の助成金とその活用法

*国策としての耐震補強推進

国土強靭化の一環として、建築物の耐震化は国の重要な政策の1つです。
この政策に基づき、耐震補強に対する助成金が設けられており、これを利用することで、建物の安全性を高められます。
特に、災害時における安全確保が求められる病院や学校などの公共施設に対する補助は、その社会的重要性を反映しています。

耐震診断や耐震改修工事に対する助成金を活用するには、まずは自己の建物が対象となるかを確認することが重要です。
その上で、耐震対策緊急促進事業などの国の制度や、地方公共団体の補助制度を組み合わせることで、助成金の補助率を高められます。

*地方公共団体と国の連携

地方公共団体による補助制度が整っている場合、国の制度と併せて利用することで、より高い補助率を得られます。
この場合、申請窓口は地方公共団体となるため、事前にその手続きや条件を確認しておくことが大切です。

*教育機関への特別な補助金

文部科学省は、私立大学などの教育機関に対して、防災機能強化のための特別な補助金を提供しています。
そうすることで、学校施設の安全性が高まり、災害時のリスクを軽減することが期待されます。

□まとめ

今回は、耐震診断や耐震補強に関する助成金についてご紹介しました。
ご紹介した情報を活用し、安全な住環境を実現するための一助となれば幸いです。

西東京市・小平市・東久留米市周辺で耐震診断や耐震補強に興味のある方は、ぜひ当社までお気軽にお問い合わせください。

耐震に関するお役立ち情報

INFORMATION

住宅

耐震の専門家が教えます!

耐震の不安解消Q&A