耐震コラム

地震発生時には食器棚が危険!飛び出し防止対策を紹介!

2023年9月7日

食器棚はサイズが大きくなりやすく、重くなりやすいですよね。
もし地震が発生した際に何も対策をしていないと、想像していなかった事故を引き起こす可能性があります。
そのため、家の中の地震対策として食器棚の対策を施しておきましょう。

今回は、食器棚の地震対策が重要な理由と食器棚の飛び出し防止対策を紹介します。

□食器棚の地震対策が重要な理由

大地震が発生すると、普段は収納しているものが落下してくることがあります。
食器棚の場合、収納されている食器が一斉に落ちてくる可能性があるため大変危険です。
また、落ちてくると危険な水筒や缶詰を収納している方もいらっしゃるでしょう。
そのため、地震に備えて食器棚のものが落ちてこないように対策をしておく必要があります。

□食器棚の飛び出し防止対策を紹介

*転倒防止

転倒防止対策には、突っ張り棒が大きな効果を発揮します。
天井と食器棚の間に突っ張り棒を入れることで、食器棚が固定されます。
家具転倒防止プレートも効果的で、耐震シートや耐震マットなど、様々なタイプのものがあるため、状況に合わせて適切なものを取り入れてみてくださいね。

*扉のロック

食器棚が転倒してしまった際に扉が開いて食器が外に飛び散らないように、扉にロックがかかる機能を取り付けます。
耐震ラッチがよく使われており、地震で揺れを感じた際には扉を自動でロックしてくれます。
揺れが収まると自動でロックが解除されるタイプのものがおすすめです。

*ガラスの飛散防止

食器棚にガラスが施されている場合に、そのガラスが割れて飛散することを防ぐ対策です。
ガラスが床に飛び散ってしまうと、割れたガラスを踏んでしまってけがをしてしまう恐れがあります。
そのような事態を防ぐために、飛散防止フィルムをガラスに貼っておくと安心です。

このように地震対策グッズを活用することも大切ですが、今すぐに取りかかれる対策を行うことで、効果をより大きくできます。
食器を収納する際には、重量のあるものを下の段に入れることで棚の重心が下がり、転倒しにくくなります。
また、割れやすいものは食器棚から飛び出さないように、ダンボールや箱に入れてしまっておくことも効果的な対策でしょう。

□まとめ

大地震が発生すると、食器棚に収納されている数多くの食器が一斉に落ちてくる可能性があるため、大変危険です。
食器棚の飛び出し対策として、突っ張り棒を使用した転倒防止対策、食器の飛散防止対策、ガラスの飛散防止対策がおすすめです。

西東京市・小平市・東久留米市周辺で食器棚を含めた地震対策を始めたい方は、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。

耐震に関するお役立ち情報

INFORMATION

住宅

耐震の専門家が教えます!

耐震の不安解消Q&A