耐震コラム

耐震リフォームの相場はどれくらい?ご紹介します!

日本は地震が多い国なため、建造物を建てるときに耐震工事が欠かせません。
無論、マイホームを建てる時もこの耐震工事が必要になります。
ここではその費用の相場について紹介いたします。

□耐震リフォームの相場はどれくらい?

結論から言うと、耐震工事にかかる費用の相場は100万円~200万円が一番多いです。
ちなみに一戸建ての場合は床面積が広くなるにつれ、築年数が長くなるにつれ耐震工事の費用は高くなる可能性があります。

次に費用を少しでも抑えるコツを紹介します。
1つ目に耐震工事をリフォームと同時にしてもらうと良いでしょう。
耐震工事は工程に解体や復旧作業があるので、リフォームを同時にすることで作業効率が上がり、作業代が抑えられます。

2つ目に予算に困っている場合も、予算に応じた部分的な工事も可能です。「減災」というやり方です。

3つ目に補助金を利用するという方法もあります。
リフォームや耐震工事では自治体から補助金を支給してもらえることがあります。
補助金をもらうには条件を満たしたうえで役所などに申請する必要がありますが、条件や金額は自治体によって変わるのでお考えの方は一度役所に問い合わせてみましょう。

□耐震工事はいくら位かかるの?

耐震工事は価格が低いものから高いものまであり、業者によっては受ける必要のない工事を提案してきたり、相場と比較しても高すぎる料金設定だったりする場合があります。
悪徳業者に騙されないために、ご自宅の工事費用(概算)を知っておきましょう。

あなたの家の耐震補強費用(概算)は・・・?
① あなたのお住まいが建築された年度から、耐震評価数値である「評点」を下記の表より確認して下さい。

※この数値は…日本木造住宅耐震補強事業者協同組合が判定した直近の約2万棟の住宅の年度別の評点です。

② ①の評点を耐震改修前の評点に入れて試算しましょう。
1)住宅の延べ床面積(1階と2階の床面積の合計)を記入。
2)上記の表に当てはまる「耐震改修前の評点」を記入。
3)耐震改修後の評点(目標)を記入。注)最低でも1.0以上にしましょう。
4)「耐震改修後の評点」から「耐震改修前の評点」を引き、「延べ床面積」と「単位費用」を掛ける事で、おおよその耐震改修工事費を算出する事が出来ます。
算出した耐震改修工事費は、おおよその金額であり、家の状態よって実際の金額と異なる場合があります。
概算の費用を知るための参考としてください。

例)耐震改修前の評点が0.5で、延べ床面積が120㎡の住宅を、耐震改修後の評点1.0に上げた時に掛かる耐震改修費用の目安は・・・?

参考)財団法人日本建築防災協会編集 木造住宅の耐震改修の費用より

今、算出された費用は”おおよそ”の工事費(概算)です。
しっかりした詳細な金額を知る為には、耐震事業者や設計者による「耐震診断」が必要となります。

□まとめ

ご自宅の耐震工事費用(概算)を知っておくことで、実際に工事をする際に必要以上に不安を感じることがなくなるでしょう。

西東京市・小平市・東久留米市周辺で耐震リフォームをお考えの方がいらっしゃいましたら、ぜひ私たち鈴木住研にご相談ください。
耐震診断や見積もりを無料でさせていただきますのでまずは診断だけでもいかがでしょうか。

耐震に関するお役立ち情報

INFORMATION

住宅

耐震の専門家が教えます!

耐震の不安解消Q&A