耐震コラム

地震による家への被害とは?被害を最小限にするためには耐震リフォームがおすすめ!

「地震による家の被害にはどんなものがあるのかな」
「耐震リフォームにはどのくらいかかるのかな」
そのような疑問をお持ちの方も多くいらっしゃいますよね。
そこで今回は、地震によって予想される家の被害についてと、耐震リフォームの費用と工期の目安をご紹介します。

□地震によって予想される家の被害とは

ここで地震によって予想される家の被害を屋根瓦、外壁材、基礎、建物内部に分けてご紹介します。

まずは屋根瓦の被害です。
屋根瓦の被害は地震の際によく見られる被害です。
瓦の落下によって怪我をする危険がありますので、老朽化していないか確認しましょう。

次に外壁材の被害です。
木造住宅では外壁をモルタルで仕上げることが多いです。
しかしモルタルは変形しにくいのに対し家自体が変形しやすいと、ひび割れや外壁材の落下などの被害が出る可能性があります。

次に基礎の被害です。
基礎に被害を受けると家が傾いてしまったり、最悪の場合倒壊してしまったりします。

最後に建物内部の被害です。
地震の揺れによって家具が倒れてきたり、インテリアが落下してくる恐れがあります。
被害を最小限にするためにも、日ごろから家具の固定などを心がけておきましょう。

□耐震リフォームにかかる費用と工期の目安をご紹介!

上記でご紹介した被害を防ぐためにも、必要に応じて耐震リフォームをすることが大切です。
ここでは耐震リフォームにかかる費用と、工期の目安についてご紹介します。

木造住宅の場合、耐震リフォームの費用は180万円~300万円ほどが相場と言われています。
しかし旧耐震基準で建てられた住宅の耐震リフォームを行う際には、工事個所が多くなるため更に費用がかかる傾向にあるという点に注意が必要です。

また、工期は行う耐震リフォームの種類によって差がありますが、耐震性を高めるための耐力壁への補強工事を行う場合は1週間~2週間程度かかります。

鉄筋コンクリートでできた家の場合、施工の完成度や経年劣化の度合いによって費用に大きな差が出てきます。
旧耐震基準で建てられた家の場合は鉄筋の数が足りていない場合もあり、大規模な工事が必要となる可能性があります。
耐震リフォームの費用は1平米あたり15000円~50000円が相場です。

□まとめ

今回は、地震によって予想される家の被害についてと、耐震リフォームの費用と工期の目安をご紹介しました。
地震による家の被害を抑えるためにもぜひ耐震リフォームを検討してみてください。
西東京市・小平市・東久留米市周辺で耐震リフォームをお考えの方は当社までご相談ください。

耐震に関するお役立ち情報

INFORMATION

住宅

耐震の専門家が教えます!

耐震の不安解消Q&A