耐震コラム

中古住宅の購入を検討中の方へ!耐震リフォームのポイントをご紹介!

2021年9月27日

「中古住宅の購入を検討しているが、耐震リフォームは必要なのか」
「耐震リフォームはどのようなリフォームかをくわしく知りたい」
小平市にお住まいで、このようにお思いの方はいませんか。

そんな方に向けて今回は、耐震リフォームとそのポイントについてご紹介します。

□耐震リフォームについて

2011年の東日本大震災以来、日本各地で大きな地震が発生しています。
現在では、東京でも首都直下型地震の危険が高まっていると言われています。

「地震が起きたら、自分の家は大丈夫なのか」
このような不安を感じている方も多いことでしょう。
そんな方に向けて、耐震リフォームを実施することをおすすめします。

耐震リフォームは、文字通り地震に耐えられるようにリフォームすることです。
弱い部分を補強して強度を高め、地震の力が加わっても倒壊しない建物にリフォームします。
家が倒壊して大切な命が奪われることがないよう、耐震リフォームで大きな地震に備えましょう。

家によって地震への強さは異なり、適切な耐震工事も異なります。
どの家も同じ対策を施せばいい、というわけではありません。
耐震診断をして建物の状態を把握した上で、適切な耐震工事の計画を立てることが大切です。

□耐震リフォームのポイントについて

耐震リフォームのポイントは、大きく2つあります。
それは、しっかりした基礎と土台と強い壁です。
それぞれについてくわしくご紹介します。

1つ目は、しっかりした基礎と土台です。

基礎部分は、耐震性を高める上でも重要な箇所です。
基礎部分は、コンクリートを流し込んで固めることが大切です。
そうすることで、基礎部分の強度が増し耐震性が向上します。

基礎の上に乗る土台の部分は、湿気やシロアリなどが原因で腐食していたり、基礎と固定するボルトが不足したりしている場合があります。
傷んだ部分は交換し、基礎と土台はアンカーボルトで固定します。
さらに土台と柱も金物を使ってしっかり固定しておけば、耐震性がアップします。

2つ目は、強い壁です。

壁の強度が低いと大きな地震で倒壊してしまう可能性があります。
そのため、耐震リフォームには強い壁が欠かせません。
耐震リフォームでは、一旦既存の壁を撤去して柱と柱の間にきちんとした筋交いを入れたり、耐震用の合板を貼るといった工事が行われます。

□まとめ

今回は、耐震リフォームとそのポイントについてご紹介しました。
本記事を参考に、お住まいの住宅の耐震リフォームを検討されてみてはいかがでしょうか。
耐震リフォームに関して、お悩みを抱えられている方はぜひ当社にご相談ください。

耐震に関するお役立ち情報

INFORMATION

住宅

耐震の専門家が教えます!

耐震の不安解消Q&A