耐震コラム

耐震工事とは?専門家が場所別に解説します!

2021年9月19日

「耐震工事を行うことにはどのようなメリットがあるのかくわしく知りたい」
新座市にお住まいの方で、このようにお思いの方も多いでしょう。
そんな方に向けて今回は、耐震工事のメリットと場所別の工事方法についてくわしくご紹介します。

□耐震工事のメリットについてご紹介!

耐震工事を行うメリットとして、地震の際に建物が倒壊しにくくなり、被害が抑えられることを想像される方も多いでしょう。
しかし、耐震工事で建物への被害を完全に抑えることは難しいです。

耐震工事は、地震発生時に建物が瞬時に倒壊して住人を危険にさらす可能性を抑え、安全に脱出できるだけの時間を稼ぐために行われる工事です。
もちろん、耐震工事後にはより強い地震でも倒壊しにくくなるため、修繕にかかる費用をある程度抑えられることも魅力です。
しかし、住人の命が守られることが最大のメリットだと言えるでしょう。

その他のメリットとして、建物の資産価値を高められることが挙げられます。
建物の売買では、売りたい建物にどのようなメリットがあるかによって価格が決まります。
このとき、住宅の耐震性はこのメリットに相当します。
建物の売却時、耐震性に問題がある建物と耐震工事済みの建物を比較すると、耐震工事を行っている建物の方が高い値段が付くでしょう。

□耐震工事の方法を場所別にご紹介!

ここでは、場所別の耐震工事方法をくわしくご紹介します。

1つ目は、建物の基礎部分です。
建物の基礎部分は、基礎をコンクリートで補強する工事が必要です。
コンクリートで補強することで、建物の強度が上がるとともに基礎と土台を強化することにつながります。

2つ目は、接合部分です。
接合部分は、金具でしっかりと補強することが重要です。
必要な部分を金具で補強することで、倒壊しにくい建物づくりにつながります。

3つ目は、屋根です。
屋根は、軽量の屋根材を使うことが重要です。
最近では、軽量でありながら丈夫という一石二鳥の屋根材もあるため、屋根材を変えるだけでも大きな効果が期待できます。

4つ目は、壁です。
壁は、耐震壁を新しく増設する方法と、既存の壁に耐震補強をする方法に工事方法が分けられます。
住宅の状態を鑑みて、適切な方法を採用しましょう。

□まとめ

今回は、耐震工事のメリットと場所別の工事方法についてご紹介しました。
本記事が、耐震工事をお考えの方の参考になれば幸いです。
耐震工事に関してお困りの方は、是非当社にご相談ください。

耐震に関するお役立ち情報

INFORMATION

住宅

耐震の専門家が教えます!

耐震の不安解消Q&A