耐震コラム

「揺れが激減!!2度の地震で倒れない!!」・・その方法とは??(動画)

2020年5月12日

・・・「ちょっとした地震でも揺れが大きく感じる・・・」

・・・「強風でもすごく揺れるし・・・」

・・・「恐ろしく揺れるけど、3階建てだから?・・・」

・・・「今でさえこんなに揺れるのに、大地震が起こったら?・・・」

と相談に来られる方が少なくありません。

そんな不安や悩みを解決する方法があります!

「制震テープ」です。   制震テープ

このテープ、ただのテープではありません。

高層ビルの制震装置に用いられる粘弾性体を、住宅用として

両面テープ状に加工し、高い制震性能を発揮することが出来る

優れものなのです。

この「制震テープによる耐震改修工法」は(財)建築防災協会より

耐震性を向上できる技術として認定されています。

大地震によって建物が振動すると、柱・梁は長方形から平行四辺形になります。
面材(構造用合板や石膏ボードなど)は長方形のまま変形しないので、
これらの間にズレが生じ、柱・梁と面材を固定している釘が曲がったり、
折れたりします。このため住宅全体が緩み、地震の度に変位が大きくなっていきます。

「制震テープ」をこのズレる部位に挟み込むと、粘弾性体がグニュグニュ揉まれることで
振動エネルギーを熱エネルギーに変換し、建物の揺れを軽減させ、強さを維持します。

制震テープを施工した住宅と一般的な耐震住宅との比較実験映像を
ご覧ください。


出典:アイディールブレーン株式会社

揺れの違い、判りましたでしょうか?

耐震だけの住宅に比べ、変位(揺れ幅)も小さく、

揺れの収束も早くなっていることが分かります。

実験の結果、数度の大地震を受けても、住宅の揺れはあまり大きくならず、

繰り返しの地震に対する制震効果が確認されています。


「耐震」+「制震テープ」
怖い住まいの揺れが激減します。
   あなたとご家族、そしてあなたの住まいを守り続けます。

「2度の大地震でも住み続けられる!!」
     安心の 新・耐震改修法      

耐震に関するお役立ち情報

INFORMATION

住宅

耐震の専門家が教えます!

耐震の不安解消Q&A