耐震コラム

「震度6強」・・・あなたは逃げられますか? (1分動画)

2020年4月11日

東京を襲う”首都直下大地震”が危惧されている今、

なぜ「耐震補強」が重要なのか・・・ご覧になってください。

ーあの阪神淡路大震災と同じ、震度6強(地域によっては震度7を観測)の

震動台で揺らした実験です。

 


独立行政法人 防災科学技術研究所

 

阪神淡路大震災で亡くなられ方の8割以上が建物の倒壊や家具の転倒による、

「圧死」、「窒息死」だとされています。

発生時刻の早朝5時46分には大半が就寝中だった。

それだけに目覚めたら瓦礫の下にいた、という人も少なくなかったそうです。

とは言え、震度6強の大地震では、立っていることも困難となり、

ましてやほんの数秒の間に逃げることは、ほぼ無理だと思います。

 

「耐震補強」が如何に重要かということがお分かりいただけたと思います。

 

あなたは「どうせ耐震補強しても、住むには耐えられなくなってしまうので

は?」思われてるかもしれません。

確かに耐震補強しても壊れない、倒壊しないという保証はありません。

 

ただ、「耐震補強」は、建物が壊れないことを目標としているのではなく、

「建物は壊れても、人の命は救われる」ために、

人命最優先・・・「逃げる時間を確保できる」建物にすることが目的です。

 

あの数秒間で、あなたは逃げられますか?・・・・・

 

 

それでも「耐震補強」を躊躇されているあなたへ

「2度の大地震でも住み続けられる!!」
安心の ”新・耐震改修法”       

 

 

 

 

 

 

 

 

耐震に関するお役立ち情報

INFORMATION

住宅

耐震の専門家が教えます!

耐震の不安解消Q&A