耐震コラム

” ほぞ抜け ” ・・ 木造住宅 倒壊のメカニズム

2019年4月12日

大地震の際、人命を奪ってしまう家屋の「倒壊」

”我が家の下敷きになってしまうこと”など考えたくありませんが

あの阪神淡路大震災ではその地震直接が原因で命を奪われた

80%が家屋の「倒壊」による圧死だったと報告されています。

ではその「倒壊」とはどうやって起きるか。

平成12年5月以前に建築された家屋はどうして「倒壊」の可能性が高いのか。

そしてその「倒壊」を防ぐ方法についてお話します。

再度、上の画像をご覧ください。

実は、この画像が家屋の「倒壊」を招く原因です。

「倒壊」の引き金とも言える ”ほぞ抜け” です。

在来工法の木造家屋の柱頭・柱脚(柱の上下部)は”ほぞ”という
柱側(凸)と土台桁側(凹)とで組み合わされています。

大地震時、大きな横揺れによって、この”ほぞ”を抜くような

柱を上に引っ張る力”引抜力”が発生します。

柱と土台との緊結が弱いと柱(凸)が土台(凹)から抜けてしまい

元に戻らなくなり安定性を失います。

さらに横揺れで足元をすくわれる状態となり、同時に上部の重さ(2階や屋根の重さ)

に耐えられず柱が横に倒れてしまいます。

つぶされてしまうと言ったほうがいいかもしれません。


平成12年5月以前に建てられた木造家屋においては

”ほぞ”はあるものの、柱と土台、柱と桁(横架材)との緊結が

大地震に対してはまだまだ弱く ”ほぞ抜け” が生じる可能性が否めません。

(築年数が古いほど、その可能性は高くなります)

そこで平成12年6月建築基準法の改定に伴い、耐震基準も見直しが行われました。

新・新耐震基準(現行の耐震基準)です。

それ以前に建築された木造家屋の弱点である接合部のー緊結の弱さーを改め

”ほぞ抜け”が起こらないよう接合部に”引抜力”に見合う金物を設置する

など強化されることになりました。


左側の柱に取り付けてあるのが「ほぞ抜け防止金物(ホールダウン金物)」です。

現在建築されている新築住宅はこの新・新耐震基準を満たし

震度6強クラスの地震が起こっても”ほぞ抜け”→「倒壊」とはなりません。

同様に平成12年6月以前に建築された住宅であっても

「耐震補強」、「耐震改修」を行い、新・新耐震基準を満たすことで

「一応倒壊しない」「倒壊しない」レベルに耐震性を引き上げることが可能です。

あるいは、新・新耐震基準を満たすことにはなりませんが

「減災」という考えから”ほぞ抜け”→「倒壊」という可能性をできる限り低くするために

外付け(後付け)「ほぞ抜け防止金物(ホールダウン金物)」を建物の4隅

(建物の形状などによって変わる場合もあります)

に設置することも有効です。


外付け(後付け)「ほぞ抜け防止金物(ホールダウン金物)」

どちらの場合も、相手が自然災害ゆえ(新築住宅でさえ)絶対倒壊しないと

断言することはできませんが、その可能性を低くするという意味で

「耐震補強」、、「耐震改修」を行い、新・新耐震基準を満たす・・・

・・・せめて「ほぞ抜け防止金物(ホールダウン金物)」を設置して

”ほぞ抜け”→「倒壊」という流れを作らないようにすることを

おすすめいたします。

凶器と化した我が家は見たくも考えたくもありません。

”命を守る” これが最優先です。

社長ブログ「減災」のすすめ

耐震に関するお役立ち情報

INFORMATION

住宅

耐震の専門家が教えます!

耐震の不安解消Q&A