ブログ

あなたの家の耐震費用は?

ご自宅の「耐震補強工事費用(概算)」がすぐわかる!

もし、あなたが下記のように思ったら・・・

■ 耐震補強したいけど、いくらかかるの?
■ キッチンや浴室のリフォームがしたい。「耐震」も考えたいけど予算が・・・
■ 中古住宅の購入で、その住宅の耐震費用が知りたい
■ 役所の無料耐震相談を受けたけど、耐震の費用を聞いてビックリ!?
■ 「耐震補強工事」の見積りをもらったけど、これってホントに適正価格なの?
■ せっかくやるなら、しっかりと費用対効果の出る「耐震」を考えたい!

「耐震と費用」の悩み迷いが少しでも解決できるよう
ぜひ、あなたの家の耐震補強費用(概算)を知っていただき、お住まいの耐震にお役立て下さい。

あなたの家の耐震補強費用(概算)は・・・

下記の表からご自宅が当てはまる「耐震改修前の評点」を出す

①の「耐震改修前の評点」を耐震改修前の評点に入れて試算しましょう。

1. 耐震改修後の評点(目標)を記入 ※最低でも1.0以上にしましょう
2. 上記の表に当てはまる「耐震改修前の評点」を記入
3. 住宅の延べ床面積(1階と2階の床面積の合計)を記入
4. 「耐震改修後の評点」から「耐震改修前の評点」を引き、「延べ床面積」と「単位費用」を掛ける事で、おおよその耐震改修工事費を算出する事が出来ます。


※算出した耐震改修工事費は、おおよその金額であり、家の状態よって実際の金額と異なる場合があります。概算の費用を知るための参考としてください。

例)耐震改修前の評点が0.5で、延べ床面積が120㎡の住宅を、耐震改修後の評点1.0に上げた時に掛かる耐震改修費用の目安は・・・?

参考)財団法人日本建築防災協会編集 木造住宅の耐震改修の費用より

算出された費用は”おおよそ”の工事費(概算)です。

しっかりした詳細な金額を知る為には、耐震事業者や設計者による耐震診断が必要となります。

耐震診断はあなたの家の現状、地震に対する強度・劣化度等のあらゆる項目を詳細に検査して、現状を把握し、正確な評点として算出します。

耐震補強を正確に確実に行うためにとても必要な診断(検査)なのです。

耐震診断(一般診断法)の費用は、平均10万~15万円と言われています。

「耐震診断費用」と「耐震補強費用」を合計した金額が、耐震補強であなたの住まいを地震に負けない家にします。

大地震でも倒壊しない家 ≒ 逃げる事が出来る ≒ 家族の命が守れる


大切な家族の命を守る事が出来る費用となります。
が・・・高くないですか?決して少ない費用ではありません。

耐震補強は目に見えませんし、利便性の変化もありません。
これでは、「心配だけど・・・」「気にはなるけど・・・」と耐震をあきらめてしまう方がいるのも無理はありません。

場合によっては、内容のない安い「耐震?」を選んでしまう方も・・・

「安かろう!悪かろう!」と、ならないために

本当に効果のある、本当の「耐震」は決して安くありません

耐震 ≒ 評点1.0 ≒ 一応倒壊しない ≒ 命を守る

を実現するためには、相応な費用が掛かります。

残念ながら、正確な耐震診断も行われず

● 建物の4隅にホールダウン金物(引抜防止金物)を付けて〇〇万円で耐震?
● 屋根の葺き替え(軽量化)で〇〇万円で耐震?
● 小屋裏や床下に金物を付けて〇〇万円で耐震? 等

(減災と割り切って行うのであればいいものもありますが・・・)

耐震の目的がずれてしまって、安さ・簡単さをうたっている業者さんも多くいますが、実はそれだけでは耐震性能が現状より2~3割程度が上がるだけで、元々が耐震性能の低い建物は

『 評点1.0以上 ≒ 一応倒壊しない ≒ 命を守れる 』 とはなりません。

     

その様な業者さんに聞いてみて下さい。

「その工事を行うことで”評点”は何点になるのですか?」と。


しっかりと、耐震診断を行わずして”評点”は出せないはずです。

・・・根拠がないからです。

大きな負担だからこそ、正確な「耐震」が必要です。

『耐震』は大切な人を、命を守るための作業です。

決して、安かろう!悪かろう!ではいけないはずです。

そこで弊社は・・・

「耐震診断(公的制度対象)」無料 
「補助金の申請・手続」フルサポート(代行)
「耐震補強工事」自社施工(下請施工無し)

を実施しおります。

本当に効果のある、大地震でも倒壊しない≒かけがえのない命を守る、本当の「耐震」を費用を軽減し、皆様に提供させていただくことが大切だと考えています。

あなたとあなたの家族守る為に!

確かな「耐震」を成功させるために!

耐震に関するお役立ち情報

INFORMATION

住宅

耐震の専門家が教えます!

耐震の不安解消Q&A