耐震リフォームにはいくらかかる?費用相場を解説します!

安心して暮らすためにも、地震への対策はしっかりと行っておく必要があります。
耐震性を高めるためには耐震リフォームがおすすめですが、リフォームにはもちろん費用がかかります。
事前に費用面の不安を解消するためにも、今回の記事では、耐震リフォームにいくらかかるのかを解説します。

□耐震リフォームが必要な家の目安について

耐震リフォームをすべき家には、どのような特徴があるのでしょうか。
以下では、耐震リフォームをした方が良い家の特徴を3つご紹介します。

1つ目は、1981年以前に建てられた家です。
1981年に建築基準法が改正され、それまでの耐震基準が大幅に見直された結果、新たな耐震基準が生まれました。
そのため、1981年よりも前の「旧耐震基準」で建てられた家に関しては、「新耐震基準」を満たしておらず、耐震性も十分でない可能性が高くなっています。

2つ目は、1階の壁面積が少ない家です。
具体的には、車庫や倉庫などの大きな空間が1階にある家や、大きな窓がある家です。
このような家は、建物を支える1階部分の壁面積が少なくなりがちです。
壁が少ないことにとり、建物全体のバランスが崩れやすく、地震が発生した際に倒壊・崩壊の危険が高くなっているのです。

3つ目は、軟弱な地盤に建っている家です。
埋立地のような地盤の弱いところに建てられた家は、大きな地震が発生した際に揺れが大きくなったり、建物の重さに地盤が耐えられずに崩壊したりする危険があります。

□耐震リフォームにはいくらかかるのかについて

ご紹介したような特徴を持つ家に住んでいる場合は、耐震リフォームを行うことをおすすめします。
では、実際に耐震リフォームをする際、いくらくらいの費用がかかるのかを解説していきます。

耐震リフォームの際にかかる費用は、工事内容によって大きく異なり、25〜200万円程度とかなりばらつきがあります。
平均で、120〜150万円でリフォームを実施できた例が多いです。
しかし、工事内容の組み合わせ次第では、200〜300万円以上かかる場合もあるため、予算に関してはよく相談して確認しておくことをおすすめします。

予算内で耐震リフォームをしたい場合は、優先順位をつけておくと良いでしょう。
全体的に補強しようとする場合、その分費用が高額になってしまいます。
そのため、家の状況をよく確認した上で検討すると良いでしょう。

□まとめ

今回は、耐震リフォームにはいくらかかるのか解説しました。
どのようなリフォームが必要かを把握するためにも、まずは耐震診断を受けることをおすすめします。
当社では、無料で耐震診断や工事見積もりを行っています。
西東京市・小平市・東久留米市周辺で耐震リフォームをする際は、当社までご相談ください。