耐震リフォームをお考えの方へ!施工事例をご紹介します!

日本各地で度々大きな地震が発生していますが、耐震性について不安を抱えている場合は、耐震リフォームについて具体的に知っておくことが大切です。
どのようなリフォームが行われているかを知ることで、行うべきリフォームが見えてくるかもしれません。
そこで今回の記事では、耐震リフォームの施工事例をご紹介します。

□耐震リフォームをすべき場合について

地震の不安が大きい家には、いくつかの特徴があります。
以下では、耐震リフォームがどのような方におすすめなのかを解説します。

1つ目は、揺れを感じる家に住んでいる方です。
例えば、大きな車が通った時や、近所で工事が行われている時、強い風が吹いている時など、些細なことでも揺れを感じる場合があります。
通常の家ではそこまで揺れず、このような場合は家の耐震性が十分でない可能性があるので、早いうちに耐震補強を検討されると良いでしょう。

2つ目の特徴は、窓の多い家・1階がガレージの家に住んでいる方です。
大きな窓がたくさん設置されていたり、1階がガレージで出入り口が広く確保されていたりする場合は、その分壁が少なくなっています。
壁が少ない家では、地震に耐える力が足りていない可能性があり、大きな地震が起きた際に倒壊する恐れがあります。

3つ目は、旧耐震基準で建てられた家に住んでいる方です。
この「旧耐震基準」とは、建築基準法が大幅に改正されることになった1981年6月1日以前の耐震基準を指します。
旧耐震基準は、現在の新耐震基準と比較しても緩やかであり、大きな地震が発生した際に耐えられない可能性があります。
そのため、1981年までに建築確認がされている場合には注意が必要です。

□耐震リフォームの施工事例について

耐震リフォームといっても、家の状況によって必要なリフォームは様々であり、費用は工事期間も大きく異なります。
以下では、実際にどのような耐震リフォームが行われてきたのか、施工事例をいくつかご紹介します。

1つ目は、室内壁から耐震性をアップした事例です。
室内の壁から補強工事を行い、耐震性を上げて安心して暮らせるようなリフォームです。
リフォーム費用は400万円で、工事期間は60日です。

2つ目は、軽量な屋根にリフォームした事例です。
雨漏りや地震対策のために、屋根の葺き替えを行った事例であり、瓦から軽量なガルバリウム鋼板製の屋根に変更しました。
リフォーム費用は140万円で、工事期間は14日です。

もちろん、費用や工事期間に関しては家の状況によって異なるため、目安程度に考えておくと良いでしょう。

□まとめ

今回は、耐震リフォームの施工事例をご紹介しました。
必要なリフォームは家ごとに異なるので、まずは耐震診断を受けることをおすすめします。
当社では、無料で耐震診断が受けられるので、お客様の費用負担を減らせます。
西東京市・小平市・東久留米市周辺で耐震リフォームされる方は、お気軽にご相談ください。