耐震リフォームをお考えの方へ!リフォームの種類を解説します!

地震が多いため建造物への耐震工事が欠かせない日本ですが、この耐震工事にも色々な種類があります。

ここでは工事の種類とその相場を絡めて紹介いたします。

□耐震リフォームの種類は?

1つ目は建造物の基礎部分の補強工事があります。
ちなみに基礎部分のすべてを耐震構造にする工事もあるのですが、これではかなりのコストと時間がかかってしまいます。
そのためコスパよく耐震工事をしたい方は、基礎部分を強化するような工事がおすすめです。
骨組みの上にコンクリートを塗って固めます。
前者の方は予算と時間に余裕があり、確実な耐震構造を施したい方はご検討してみても良いでしょう。

2つ目に柱などに対する工事があります。
こちらも分類としては基礎部分になります。
内容は、柱の接合部分に金属を付けたり、地震の振動を緩和するサスペンションを設置したりするといったものです。

ここで注意が必要なのは、建造物の中身の工事のためこれらの工事は施工の際に外壁、内壁などの壁を壊して行われる点です。
そのため、すでにその家に住んでいる方がそこに住みながら工事を行うのには限界があります。

3つ目に、壁の補強工事があります。
本来は壁を取り壊して中に耐力パネルを埋め込む工事で、大規模なためそこに住みながら工事を受けるのは困難でした。

しかし、壁の上から補強壁を取り付ける工事を選択すれば、壁を取り壊さずに補強できます。
住みながらの工事も可能ですし、コスパも非常に良いのでおすすめです。
外壁に施される工事のため、見た目が悪くなってしまうというデメリットがありますが、他の人から視線が当たらない部分を工事するだけでも耐震効果があるので、道路に面していない外壁だけを工事するのも良いでしょう。

4つ目に屋根の軽量化工事があります。
屋根は意外と重いもので、もし地震が来た際に崩れてしまう可能性が高いです。
軽くしておくことで崩壊を防ぐことができ、安全対策に繋がります。

□耐震リフォームの種類別の費用は?

次は上記で紹介した工事の相場を知っておきましょう。
まず基礎部分の耐震リフォームは、およそ40万円~60万円程度です。

壁を補強するリフォームは、1か所あたりおよそ7万円~12万円です。
それと柱や土台を金属で補強する工事は1か所あたり3000円程度です。

屋根の軽量化工事は少し高いですが、140万円~260万円程度です。
これは屋根材の種類によって価格が変わります。

□まとめ

いつ大きな地震が襲ってくるかわからないので、耐震工事は行っておく方が安全です。
耐震工事にも種類があるので、全種類でなく少しだけの工事もおすすめです。

西東京市・小平市・東久留米市周辺で耐震リフォームをお考えの方は、ぜひ当社にご相談ください。
耐震診断や見積もりを無料でさせていただきます。