地震に強い家にするには?地震対策を行いたい方必見です!

「地震対策はどのように行えば良いのか」「地震に強い家を建てたい」
このようにお考えの方はいらっしゃるでしょう。
地震対策を行って、安心して暮らしたいですよね。
そこで今回は地震に強い家にする方法をご紹介します。
ぜひお役立てください。

□地震に強い家の判断基準をご紹介!

地震に強い家の判断基準を知らない方は多いでしょう。
そこで地震に強い家の判断基準を2つご紹介します。

1つ目は、土地が強いかどうかです。
耐震性に優れている家を建てたとしても、家の基礎である土地が強くなければ家は揺れてしまいます。
そのため、土地が強いかどうかが地震に強い家の判断基準になります。

2つ目は、耐震性に優れているかどうかです。
日本では、耐震性を高めるために法律がいくつか定められています。
その法律とは、建築基準法、品確法、長期優良住宅法の3つです。
建築基準法とは、建物を建築する際や利用する際に守らなければならない最低限のルールを定めた法律です。

品確法とは、住宅の品質確保の促進に関する法律です。
長期優良住宅法とは、長期優良住宅の普及の促進に関する法律です。
しかし、品確法と長期優良住宅法は、基準を満たしていない場合でも建築は可能です。
そのため、家を建てる際は上記3つの法律が守られているか確認することが大切です。

□地震に強い家にする方法をご紹介!

地震に強い家にする方法を2つご紹介します。

1つ目は、地盤の強い土地を選ぶことです。
川や湖など水たまりがあった場所は地盤が弱い傾向にあります。
反対に森や山があった場所は地盤が強い傾向にあります。

また、地盤の強さを確かめるために地盤調査を行います。
そのため、家を建てる際は地盤調査の結果を確認することをおすすめします。

2つ目は、基礎工事を徹底的に行うことです。
家を建てる際は敷地調査と地盤調査を行います。
そして、調査の結果から建物計画が練られて、基礎形状や地盤対策が決められます。
耐震性を強くするためには、基礎を強固にする必要があるため、この作業が重要です。

そのため、家を建てる際は調査や建物計画の質を高めることがおすすめです。

当社では設計からアフターケアまで自社一貫で行っております。
地震対策を行いたい方は、お気軽にご相談ください。

□まとめ

今回は地震に強い家にする方法をご紹介しました。
地震に強い家にする方法について理解していただけましたか。
地震対策を行いたい方は、ぜひ本記事を参考にしてください。
また、西東京市・小平市・東久留米市周辺で地震に強い家にする方法の詳細を知りたい方は、ぜひ当社までお問い合わせください。