地震で揺れやすい家の原因は地盤にある?地盤の強さの調べ方もご紹介!

地震で揺れやすい家の原因は地盤にある?地盤の強さの調べ方もご紹介!地震で揺れやすい家の原因は地盤にある?地盤の強さの調べ方もご紹介!「地震で家が揺れる原因は何だろう」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、家が揺れる原因について詳しく解説します。
また、地盤の強さの調べ方も紹介するので、ぜひお役立てください。

□地震で家が揺れやすい環境と原因とは?

地震で家がよく揺れるとお悩みの方は、以下の条件に当てはまっている場合が多いです。
ぜひチェックしてみてください。

・高速道路が近くにある
・線路が近くて電車が頻繁に通る
・川の近くや沼地、埋立地にある
・傾斜地で盛り土の上にある
・地盤が弱いと知っていたが、地盤改良を行っていない

このように、家が揺れる主な原因は、弱い地盤です。
基礎下の地盤の空洞化が原因で、家が揺れてしまうこともあります。
地盤が弱いと振動による揺れが何倍にも大きくなり、そのまま建物に伝わります。
地震発生時の揺れを小さくし、家族の安全を守るためにも、地盤を強化することが非常に重要です。

□地盤の強さの調べ方をご紹介!

ここまでで、地盤の重要性についてご理解いただけたと思います。
しかし、地盤の強さをどのように把握すれば良いのだろうとお悩みの方もいらっしゃるでしょう。
ここからは、地盤の強さの調べ方をご紹介します。

1つ目は、古地図をチェックすることです。
昔はどんな土地だったのかを古地図で確認することで、地盤の強さがわかります。
古地図は図書館や役所で簡単に確認できますが、大まかな傾向しか把握できないので、その点には注意が必要です。

2つ目は、ハザードマップを確認することです。
ハザードマップとは、大雨などで川が氾濫した場合に、どこがどれくらい浸水するかを予想したものです。
市役所や都道府県庁で簡単に手に入れられます。

3つ目は、インターネットで情報収集することです。
手軽に地盤の状態を確認できる、便利なサイトを活用しましょう。
「地形で見る軟弱地盤マップ(ジオダス)」や「国土交通省ハザードマップポータルサイト」などがおすすめです。

また、当社は耐震診断や補強設計を無料で承っています。
地震に対してどのくらい強いのか知りたい方は、ぜひご相談ください。

□まとめ

今回、地震で家が揺れやすい環境と揺れる原因について解説しました。
また、地盤の強さの調べ方も紹介しました。
なぜ地震によって家が強く揺れるのかおわかりいただけたと思います。
この記事を参考にして、地震に強い家にしましょう。
西東京市・小平市・東久留米市周辺でリフォームをお考えの方は、お気軽にご相談ください。