耐震リフォームの種類とは?種類とそれぞれの相場をご紹介!

「どんな耐震工事があるのかな」
「耐震工事をするとどれくらい費用がかかるのかな」
そのような疑問を持った方も多いですよね。
そこで今回は、耐震工事の種類と補強工事の相場についてご紹介します。

□耐震工事の種類とは

耐震工事というと一般的には耐震補強工事のことを指すことが多いです。
しかし、住宅の耐久性を上げる工事は耐震補強工事以外にもあります。
ここでは、住宅の耐震向上に影響してくる耐震工事の種類をご紹介します。

1つ目は、補強工事です。
木造住宅の中には壁が少なく面が弱い壁が多い住宅があります。
そのような住宅は地震が来た時に倒壊する可能性が高いです。
そこで新たに壁を増設したり、既存の壁を強くしたりすることが大切です。

2つ目は外壁工事です。
外壁工事は、住宅の外観を美しく見せるだけではありません。
住宅の構造の劣化を防ぐ効果もあるので、外壁工事も耐震性の向上を期待できます。
見た目が変わらなくても、家の長寿命化のため、定期的に塗り替えるなどメンテナンスが必要です。

3つ目は免震工事です。
免震工事は地盤と建物の間に機械を設置して地震による影響を抑える工事です。

4つ目は制震工事です。
制震とは地震力による住宅の振動を低減させるという意味があります。
制震工事ではダンパーやテープを住宅に設置して制震効果を得ます。

□補強工事の相場をご紹介!

耐震補強工事はどのくらい費用がかかるのでしょうか。
ここでは耐震補強工事の相場をご紹介します。

まず、基礎部分の耐震補強工事です。
基礎部分で行う工事にはひび割れの補修、炭素繊維シートを基礎に貼り付ける工事、無筋基礎に鉄筋コンクリート基礎を増し打ちする工事、基礎にコンクリートを流し込む工事(ベタ基礎化)などがあります。

ひび割れの補修工事には幅0.3ミリメートル以下、深さ4ミリメートル以下のひび割れ1つあたり1万円から2万円ほどかかります。
炭素繊維シートを基礎に貼り付ける工事には1平方メートルあたり1万円から2万円ほどかかります。
無筋基礎に鉄筋コンクリート基礎を増し打ちする工事には1メートルあたり4万円から6万円ほどかかります。
(いずれの工事も床を開口したり、復旧する工事などが別途必要となります)

次に壁を補強する工事には外壁を撤去する場合と内壁を撤去する場合の2種類あります。
外壁を撤去する場合は13万円から18万円ほどかかります。
内壁を撤去する場合は10万円から15万円ほどかかります。

□まとめ

今回は耐震工事の種類とそれぞれの相場についてご紹介しました。
小平市に在住の方で耐震リフォームをお考えの方はぜひ一度当社にご相談ください。

>>耐震補強工事っていくら位かかるの?