耐震工事をお考えの方に向けて耐震工事の効果をご紹介します!

「耐震工事にはどれほどの効果があるのだろう」
このように思っている方もいらっしゃいますよね。
この記事では、小平市で耐震工事をお考えの方に向けて耐震、制振、免震の違いと、耐震工事の効果をご紹介します。
気になる方はぜひ参考にしてください。

□耐震、制震、免震の違いとは

耐震の効果について解説する前に、耐震対策の種類について解説します。
建物の地震対策は、耐震、制震、免震の3種類に分けられます。
まずはそれぞれの特徴を順番に解説します。

耐震とは、柱・梁・壁などを補強して、揺れに抵抗する対策のことで、大きな地震が発生した時に建物が倒壊することを防ぐ方法です。
しかし、建物を地面と強く密着させているため、揺れが建物に伝わってしまうというデメリットがあります。

制震とは、ダンパー等の部材を設置して揺れを吸収する対策方法のことで、建物の揺れ方は耐震とあまり変わりません。
しかし、振動を抑えることで建物にかかる負担を軽減できます。
免震工事よりも費用を抑えられるため、採用される方が増えています。

免震とは、地面と建物の間に免震装置を設置する対策方法です。<<制震テープ
地面と建物が離れているので、建物に揺れが伝わりにくいというメリットがあります。
ただし、既築の建物への設置には建物を持ち上げるなど多額な費用がかかるので、あまり現実的ではありません。

建物の状況に合わせて最適な対策方法で耐震工事を行うことが大切です。

□耐震工事にはどのような効果があるのか

続いて、耐震工事の効果について解説します。

結論から言うと、耐震工事の効果を感じるためには、実際に地震が起きてみないとわからない部分が多いと言えます。
しかし、適切な耐震工事を行えば、大地震が発生しても大切なマイホームが倒壊してしまう可能性が低くなります。
適切な耐震工事を行い、安心して長く住めるということは大きな魅力と言えるでしょう。

耐震工事においては、建物のバランスをしっかりと考慮した工事を行わなければ、実際に地震が発生した際にその効果を発揮できないので、専門家に相談して適切な工法を採用しましょう。

また、耐震工事を行っていれば100パーセント安心だというわけではないということにも留意しておきましょう。
耐震補強工事は最低限の備えとして、それ外にも他の対策を併せて行い安心できる環境づくりが大切ですよ。

□まとめ

この記事では、小平市で耐震工事をお考えの方に向けて耐震、制振、免震の違いと、耐震工事の効果をご紹介しました。
当社では、お客様のマイホームに合わせた耐震工事をご提案させていただきますので、工事をご検討中の方はぜひ一度当社にご相談ください。