耐震リフォームを検討している方向け!方法を詳しく紹介します!

「耐震リフォームを検討しているけど、方法がよく分からない」
「耐震リフォームは本当に必要なのかな?」
そのように考える方もいらっしゃるでしょう。

この記事では、耐震リフォームの方法と必要性についてご紹介します。
西東京市にお住まいで、耐震に少しでも興味のある方は必見です。

□耐震リフォームの方法について

耐震リフォームの方法とはどのようなものなのでしょうか。
ここでは、耐震リフォームの流れについてご紹介します。

1つ目は、耐震診断です。
まずは耐震診断を依頼しましょう。
当社では、無料の耐震診断を行っているので、ぜひ活用してくださいね。

2つ目は、耐震補強設計です。
耐震診断の結果をもとに、耐震補強設計を行います。
診断方法や設計方針が異なることも考えられるため、診断と設計は同じ業者に依頼するようにしましょう。
当社では当然ですが診断と設計は切り離せない一連のものととして考えています。

3つ目は、耐震補強工事です。
設計が終わったら、工事を行います。
工事が終わった後には、見えなくなってしまう部分が多いため、途中でご自身の目で確認するようにすると安心して工事を終えられるでしょう。

4つ目は、アフターメンテナンスです。
耐震リフォームが終わった後は、外壁の塗り替えなど建物の適切なメンテナンスが必要です。
適切なメンテナンスを行わないと、耐震性の低下を招いてしまいます。
もちろん耐震リフォームと同時に行うことも可能です。

耐震リフォームの流れについてご紹介しました。
ここで紹介した方法については覚えておいてくださいね。

□耐震リフォームの必要性とは

耐震リフォームはなぜ必要なのでしょうか。
ここからは、耐震リフォームの必要性についてご紹介します。

日本は地震が多い国であり、将来的に大きな地震が来ると予想されています。
命を守るためにも、耐震性の高い住宅にしておく必要があります。

1981年に建築基準法が改正され、耐震基準についての大幅な見直しがなされました。
これ以前に建てられた住宅は、古い耐震基準に基づいて建てられています。
そして、大地震などで被害が大きいのは旧耐震基準によって建てられた住宅です。

ゆえに、旧耐震基準で建てられた住宅に住んでいる場合は、耐震リフォームを検討すると良いでしょう。
耐震リフォームを行って、家族が安心して暮らせる住宅にしましょう。

□まとめ

今回は、耐震リフォームの方法と必要性についてご紹介しました。
耐震リフォームについての理解が深まったのなら幸いです。

当社は耐震リフォームを検討している方に向けて、無料耐震診断を行っています。
ご自宅の耐震性が気になる方は、ぜひご相談ください。