耐震リフォームをお考えの方へ!メリットとデメリットをご紹介します!

「耐震リフォームを検討しているけど、耐震リフォームを行うにあたってなにかすべきことはあるのかな」
「耐震リフォームのメリットを知りたい」
このように考える方は多いでしょう。

今回は、耐震診断と耐震リフォームのメリット、デメリットについてご紹介します。
西東京市にお住まいの方は、ぜひ参考にしてください。

□耐震リフォームを行う前にすべき耐震診断とは

耐震リフォームを行う前には、まずどの部分の耐震性を高めるべきかを知る必要があるでしょう。
ここでは、耐震リフォームを行う前にすべき耐震診断についてご紹介します。

耐震診断とは、建物の強度を調査して、地震に対する安全性を確認する調査のことを言います。
耐震診断をすることで、いつ起こるか分からない地震に対して、どのような対策を講じればよいのかを知れます。

耐震診断を行うべきタイミングは以下の通りです。

・住宅の老朽化が気になったとき
・大地震の後の住宅へのダメージが気になったとき
・大型リフォームや増改築の前
・中古住宅を購入するとき
・国や自治体から耐震化関連の助成金が出るとき

これらに該当する場合は、耐震診断を行った方が良いでしょう。
当社は、無料耐震診断を行っているので、ぜひご利用ください。

□メリットとデメリットについて

耐震診断を終え、耐震リフォームを検討する方もいるでしょう。
ここからは、耐震リフォームのメリットとデメリットについてご紹介します。

耐震リフォームのメリットは、住人の命が守られること、建物の資産価値が高められることです。
やはり、耐震リフォームによって耐震性が高まり、それによって地震の際に住人の命が守られることが最大のメリットと言えるでしょう。
耐震性を高めたことでの安心感も違います。
「大地震が起こっても我が家はすぐには倒壊しない」そう安心して暮らせるっていいですよね。
また、耐震性が高い建物は資産価値が高くなるため、これもメリットと言えるでしょう。

耐震リフォームのデメリットは、多額の費用がかかってしまうことです。
耐震リフォームでは、1軒あたり150万円ほどの費用がかかります。
しかし、これは安全な住宅をつくるためには仕方のない費用です。
お金で命は買えません・・・

以上がメリットとデメリットでした。
耐震リフォームを検討する際にお役立てください。

□まとめ

今回は、耐震診断と耐震リフォームのメリット、デメリットについてお伝えしました。
耐震リフォームを検討している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

上記のように、当社は耐震リフォームを検討している方に、無料で耐震診断を行っています。
少しでもご自宅の耐震性が気になる方は、お気軽にお問い合わせください。