耐震性を高めるために突っ張り棒は効果があるでしょうか?

皆さまの中にはお手軽な耐震グッズとして、突っ張り棒を検討されている方もいるでしょう。
では、突っ張り棒を活用することで、どのような効果を期待できるのでしょうか。
今回は突っ張り棒に耐震の効果があるのかについて解説します。

□突っ張り棒は一般的な住宅では効果が落ちる

いきなり衝撃的かもしれませんが、一般的な住宅では突っ張り棒の効果は薄くなります。
その理由は一般的な住宅は天井や壁が薄いからです。
特に和室の天井は下地の間隔が荒く、板厚も薄いので強度がありません。
皆さまは、壁に物をぶつけてしまっただけで穴が開いてしまったという話を聞いたことはありませんか。
実は地震が発生した時に突っ張り棒の端の部分に力が集中して上と同じような状況になり、壁や天井を突き破って簡単に外れるケースが多いのです。

それでも突っ張り棒を使用したい方は使用済みの段ボール箱を使うことをおすすめします。
使用方法は簡単で、空き段ボールを家具と天井、壁の間に隙間なく入れてください。
また、段ボールに物を入れると収納になり、廃材を使用すれば無料なので、多くのメリットを享受できるでしょう。

ただし、一般的な住宅でも下地材の位置が特定できる壁や天井の場合は突っ張り棒の効果を発揮できます。

□当社は無料耐震診断を行っています

この記事をご覧になっている方の中には、家の耐震性に不安を感じている方もいるでしょう。
地震が来た際に安心できる家かどうかが分かれば不安を解消できますよね。
このような不安を取り除くためにもぜひ無料診断を活用してください。

大地震はなんの罪もない家庭を襲ってきます。
それが原因で家族の幸せを失ってしまう可能性もあるでしょう。
つまり、大地震へ備える耐震化は家族みんなの命や人生を守るために必要です。

当社では、本来ならば有料レベルの現地調査を含めた無料の耐震耐震診断を行っています。
地震への不安を解消したい方は気軽にお問い合わせください。

もし耐震工事が必要と判断された場合は補強工事の設計やその見積もりを完全無料でいたします。
もちろん、工事を催促するようなことはいたしませんので、安心して家族を守る耐震について考えてみてください。

□まとめ

今回は突っ張り棒には効果があるのかを紹介しました。
一般的な住宅ではあまり効果は見込めませんが、この他にも耐震性を上げる方法はたくさんあります。
その中にはわざわざグッズを購入しなくても、廃材を利用するという方法もあります。
簡単にできることから、耐震化を進めていきましょう。

ご自宅の耐震化「無料耐震診断」から始めてみませんか?