築40年の住宅は耐震リフォームした方が良い理由を耐震リフォーム専門会社が紹介します!

築40年の住宅に住んでいる方で「そろそろ地震に対する剛性が不足していて、まずいのではないか」とお悩みの方はいませんか。
築40年となると住宅の各部の劣化が進んでいる頃合いでしょう。
今回は築40年の住宅に住んでいてこれからも住む予定の方に向けて、耐震リフォームをした方が良い理由を解説します。

□築40年の住宅の倒壊リスクが非常に高い理由

住宅の耐久性を決めるものは2つの要因があります。

1つ目は耐震基準の違い、そしてもう1つが老朽化です。

1つ目の耐震基準から詳しく紹介します。
耐震基準は新と旧があり、旧基準は震度5程度の揺れに対してすぐに倒壊しない程度の強度を目指して建築されています。
そのため、震度5強や震度6ぐらいになると倒壊する可能性が大幅に上がります。

事実として阪神淡路大震災で倒壊した住宅のほとんどが旧基準の木造住宅でした。
旧基準は大地震に耐えるつもりはない強度基準なので、倒壊するのは仕方ないと思いますが、居住者であれば不安ですよね。

そして、旧から新へ基準が切り替わった年が1981年です。

築年数が40年以上たっている場合は、旧耐震基準で作られている可能性が高いです。
そのため、大地震が来た時に耐えられずに倒壊する可能性も高くなっているでしょう。

2つ目は老朽化です。
築40年くらいになると、湿気で柱が腐食していたり、コンクリートが剥がれ落ちたりするといった不具合が出現します。

このように建築数が40年を超えている住宅は以上の2つの理由から倒壊の危険性が高いと言えます。

□当社は無料耐震診断を行っております

しかし、倒壊の危険性が高いと言われても、自分の家が本当に危ないかどうかはわからないですよね。
そのような時には当社の無料耐震診断がおすすめです。

ただ、無料診断と聞くと、強い勧誘行為がないか不安ですよね。
当社では、診断結果が悪い場合でも無理に工事をおすすめしないことを約束します。
そのかわり、家ごとの弱点をあぶりだして、それを解決するようなプランを提案します。
できれば、工事をされて安心して暮らしていただけることを願います。
無理な勧誘は一切行っていませんので、マイホームが大地震に耐えられるか心配な方は、ぜひお気軽にご相談ください。

こちらの記事もおすすめ!

□まとめ

今回は築40年の住宅に住んでいてこれからも住む予定の方に、耐震リフォームをした方が良い理由を解説しました。
ちょうど耐震基準が切り替わったくらいのタイミングなので、どちらの基準が採用されているのかは家によります。
だからこそ一度無料診断をして、マイホームの耐久性が高いか低いかを検査してみてはいかがでしょうか。