その耐震補強、ちょっと待って!!!・・・・・「耐震診断」しましたか?

 

「耐震診断」は、確かな耐震補強のための建物調査です。

その結果で補強案を計画します。

 

補強案とは、増改築における平面プランや仕様と同様、構造補強の提案です。

言い換えると、「耐震診断」≒ 提案のための建物調査です。

 

したがって、弊社では「耐震診断」無料で行ってます。

あくまで、提案の一環として考えているからです。

 

ただ、無料とは言え「耐震診断」は決していい加減なものであってはいけません。

専門家によって、細部に至るまで正確に建物を調査する必要があります。

その情報から、精度の高い、さらには費用対効果の優れた補強案が計画できるからです。

 

したがって、「耐震診断」を行わず、

・この辺りに壁を造れば・・・OK

・建物の4隅に引き抜け防止金物を付ければ・・・OK

・瓦屋根を軽い屋根に吹き替えれば・・・OK

・構造金物をいっぱい取り付ければ・・・OK

などは、それだけでは耐震補強とはならず、信頼すべきではありません。

確かに、「減災」を前提にすれば、多少は耐震性に寄与するものもありますが、

建物の強さが偏り逆効果になってしまうものもあります。

せっかく耐震補強?して、耐震性を向上するどころか、

損なってしまうことになったら、無駄どころの話ではありません。

 

残念なことですが、そんな無意味な工事を「耐震工事」と言われて、

工事を行ってしまった方もいらっしゃいます。

耐震工事をしてもらったんだけど、小さな地震でも以前と揺れ方が変わらない気がする・・・

と、弊社ご相談された結果、無駄な工事だったと判りました。

詳細をお聞きしたところ、「耐震診断」とは言い難い調査?を行い、補強案も提出が無く、

床下と小屋裏(2階の天井裏)の所々に根拠不明な金物が付けられていました。

耐震補強とは程遠いい内容です。

 

もちろん、弊社の「無料耐震診断」によって精度の高い耐震補強工事を行い、

現在は、揺れも激減しました。安心して暮らせています。・・・

うれしいお言葉も頂いてます。

 

もし、あなたがご自宅の耐震補強をお考えなら、

「耐震診断」は必須です。

 

先に述べましたように、弊社の「耐震診断」無料です。

耐震補強の提案のために必要なことだからです。

ですので、もし耐震補強工事を行わなかった場合でも、

理由を伺うことはありません。

決して、あなたにリスクの無いことをお約束します。

 

弊社の「耐震診断」で、

耐震の障壁である費用を減らし、耐震をより身近にしていただくことになれば幸いです。

 

「耐震診断」で確かな耐震補強を・・・

  安心な暮らしを・・・