「耐震性」と「三匹の子ブタ」のお話

 

 

「三匹の子ぶた」 ご存知ですか?

 

むかしむかし、あるところに三匹の子ブタの兄弟がいました。

一番上のお兄さんが「大ブタちゃん」

二番目のお兄さんが「中ブタちゃん」

三番目の弟が「ちいブタちゃん」です。

 

ある日、三匹の子ブタの兄弟は、それぞれ自分のお家をつくる事になりました。

 

大ブタちゃんは、ワラのお家を・・・ワラをなわでしばって、はい、すぐ出来上がり。

中ブタちゃんは、木のお家を・・・柱を立てて、まわりにならべた木にクギをうって、
はい、出来上がり。

ちいブタちゃんは、レンガのお家を・・・重いレンガを運んで、積んで、時間はかかりましたが、
ようやく出来上がりました。

するとそこへ悪いオオカミがやってきて・・・・・というお話です。

 

このお話、木造住宅の耐震性に例えると、

ワラの家は、昭和56年5月末以前に建てられた、旧耐震基準の住宅

木の家は、昭和56年6月~平成12年5月末に建てられた、新耐震基準の住宅

レンガの家は、平成12年以降の新・新耐震基準(現行の耐震基準)の住宅

そして、オオカミは、大地震です。

ワラの家は、オオカミに、簡単に吹き飛ばされてしまいました。

・・・大地震では倒壊してしまう可能性が大きい住宅です。

木の家は、吹き飛ばすことは出来ませんでしたが、体当たりでバラバラに

・・・大地震での倒壊の恐れは消えません。

レンガの家は、そのどちらでも壊れません。

・・・大地震でも倒壊の可能性は激減します。

 

結局、オオカミは、ちいブタちゃんに撃退され、食べた大ブタちゃんと中ブタちゃんを吐き出して、

逃げていきました。

 

・・・お・し・ま・い

 

さて、オオカミ(大地震)はいつやってくるかわかりません。

 

あなたの大切な家、家族を守るために、ご自宅の「耐震補強」を考えてみませんか?

 

・・・三匹の子ブタは、ちいブタちゃんのつくったレンガの家で、仲良く暮らしました。・・・

 

・・・めでたし・めでたし