住宅ローン減税の控除期間が3年延長!!!

 

住宅ローン減税とは、住宅ローンを借り入れて住宅の新築・取得または増改築

リフォーム等をした場合、年末のローン残高の1%を所得税(一部、翌年の住民税※)

から10年間控除する制度です。
            ※前年分の所得税から控除しきれない場合、翌年の住民税から控除

消費税率10%が適用される住宅の所得やリフォーム等をして、2019年10月1日から

2020年12月31日までの間に居住の用に供した場合は、控除期間が13年となり

さらに減税されることになりました。

適用年の11~13年目までの各年の控除限度額は、以下のいずれか小さい額となります。

  ・住宅借入金等の年末残高(4000万円を限度)×1%

  ・建物購入価格、増改築・リフォーム等に係る費用の額(4000万円を限度)×2/3%(2%÷3年)

詳細はこちらから

                                  クリックで拡大します。

一般社団法人 住宅リフォーム推進協議会 住宅リフォームガイドブックより抜粋

 

これから中古住宅を購入される方、増改築やリフォームをされる方は
見逃せません。ぜひご検討を!!

築20年以上のお住まいで、「耐震基準適合証明書」が必要となる方は、
弊社の”無料耐震診断”
おススメです!!