耐震診断 西東京市T様邸

建物概要 木造2階建て
・外壁:モルタル塗壁
・基礎:無筋コンクリート基礎
・屋根:軽量瓦葺き
床面積 1階:33.54㎡(10.15坪)
2階:26.50㎡(8.02坪)
築年数 昭和49年竣工(1974年)
診断時間
評点 現状0.24⇒補強後1.02
耐震診断

床下

土台と基礎を緊結するアンカーボルトを確認しました。

筋交いを確認致しました。 サイズは25mm×90mmです。 耐力壁として有効です。

通気口で基礎のヒビを確認致しました。
無筋のコンクリート基礎なので、炭素繊維や抱合せの鉄筋コンクリート基礎の補強をご検討下さい。

水漏れもなく、特に問題ありません。

水漏れもなく、特に問題ありません。

全体的に湿気が多いようです。
なるべく風通しが良くなるように、通気口周辺を空けておく等の処置をお勧め致します。

少し水が土台に浸透している様子がうかがえます。

 

小屋裏

屋根下地の杉板が確認できます。
雨漏りの跡などは無いようです。

壁下地のラスボードが確認できます。

筋交いが確認できます。サイズは1階同様、25mm×90mmです。

筋交いが、上 部が桁(構造体)に届いていない事が確認できます。
耐力が見込めませんので、耐力無しでの計算となります。

 

 

耐震診断後の結果

耐震補強後の結果

補強計画
※緑色のラインが補強箇所です

 

 

<?前の診断事例 | 次の診断事例 >