耐震診断 西東京市U様邸

建物概要 木造2階建て
・外壁:モルタル塗壁
・基礎:無筋コンクリート基礎
・屋根:軽量瓦
床面積 1階:57.14㎡(17.28坪)
2階:50.10㎡(15.16坪)
築年数 昭和49年竣工(1974年)
診断時間
評点 現状0.20⇒補強後1.05
耐震診断

床下 

アンカーボルトを確認しました。基礎と土台の緊結に有効です。

風窓に幅0.9mmのヒビを確認しました。無筋のコンクリートなので、ヒビが出やすい場所です。
鉄筋コンクリート基礎の増し打ちや、炭素繊維の基礎補強をお勧め致します。

土台と柱に繋がる、筋交いを確認致しました。サイズは90mm×25mm、釘止めです。耐力壁として有効です。

仕切壁にブロックが確認できます。
土台腐食等の湿気防水対策には有効ですが、耐震上は耐力なしの判断となります。

壁下地にラスボードが確認できます。

 

 

小屋裏

羽子板金物やカスガイ金物が確認できます。

壁下地のラスボードが確認できます。

屋根下地の杉板や外壁下地のラス下が確認できます。

 

 

耐震診断後の結果

耐震補強後の結果

補強計画
※緑色のラインが補強箇所です

 

 

<?前の診断事例 | 次の診断事例 >