耐震診断 東久留米市I様邸

建物概要 木造2階建て
・外壁:モルタル塗壁
・基礎:無筋コンクリート基礎
・屋根:瓦葺き
床面積 1階:51.35㎡(15.53坪)
2階:39.75㎡(12.02坪)
築年数 昭和55年竣工(1980年)
診断時間
評点 現状0.11⇒補強後1.06
耐震診断

床下 

クラック(1.2㎜程 度)です。無筋のコンクリートなので、炭素繊維や鉄筋コンクリート基礎の増し打ちなどの基礎補強をお勧め致します。

クラック(2㎜程度)です。 基礎補強をお勧め致します。

クラック(1.8㎜程度)です。 基礎補強をお勧め致します。

クラック(2㎜程度)です。 基礎補強をお勧め致します。

クラック(1.8㎜程度)です。 基礎補強をお勧め致します。

筋交いが確認できます。 サイズは90㎜×20㎜です。 耐力壁として有効です。

アンカーボルトが確認できます。 基礎と土台の緊結に有効です。

外壁の下地(ラス下地)や室内のベニヤ下地が確認できます。

外壁の下地(ラス下地)や室内 のベニヤ下地が確認できます。

水濡れ部分以外はもう代ありません。

 

 

小屋裏

ハクビシン等の小動物が侵入 した形跡です。

 

 

耐震診断後の結果

耐震補強後の結果

補強計画
※緑色のラインが補強箇所です

 

 

<?前の診断事例 | 次の診断事例 >