耐震診断 西東京市A様邸

建物概要 木造2階建て
・外壁:モルタル吹付け仕上げ
・基礎:無筋コンクリート基礎
・屋根:瓦葺き
床面積 1階:34.34㎡(10.39坪)
2階:32.40㎡(9.80坪)
築年数 1982年竣工
診断時間
評点 現状0.22⇒補強後1.06
耐震診断

床下

筋交いの確認ができました。
サイズは30㎜×90㎜釘止めです。
耐力壁に有効です。

DK掃出しサッシ下の基礎ヒビの様子です。 無筋のコンクリート基礎なので、鉄筋コンクリート抱合せや炭素繊維などの基礎補強のご検討をお勧め致します。

和室の床下の様子です。 荒板が確認できます。


押入と浴室の境壁です。水漏れの跡が確認できます。

上記の境の土台の腐朽が見受けられます。
また、浴室外壁下地が一部コン クリートの可能性がありますので、浴室壁耐力無しの判断と致しました。


トイレと階段の床下の様子です。
基礎があるため、ホールへと入ることができませんでした。


押入と浴室の境壁です。水漏れの跡が確認できます。


洗面室の風窓部分に、基礎ヒビが確認できます。

 

 

2階小屋裏

水平力に抵抗する火打ちが確認できます。


屋根下地の杉板が確認できます。

 

 

外壁

窓下で外壁クラックを確認しました。 コーキング等の止水処理をお勧め致します。

 

 

耐震診断後の結果

耐震補強後の結果

補強計画
※緑色のラインが補強箇所です

 

< 前の診断事例 | 次の診断事例