耐震診断 新座市T様邸

建物概要 木造2階建て
・外壁:モルタル塗壁
・基礎:無筋コンクリート基礎
・屋根:瓦葺き
床面積 1階:40.58㎡(12.28坪)
2階:23.19㎡(7.01坪)
築年数 1972年竣工
診断時間 2時間
評点 現状0.14
耐震診断

床下

筋交いの確認ができました。 サイズは30㎜×90㎜です。 耐力壁に有効です。

土台のコーナーに左記金物が 数ヵ所設置されています。 土台がズレないようにするためかと思われます。

基礎のヒビが確認出来ました。 無筋のコンクリート基礎なので、炭素繊維等の補強をお勧め致します。

基礎のヒビが確認出来ました。

基礎のヒビが確認出来ました。

2ヶ所穴を確認致しました。 モグラなどの小動物によるものかと思われます。

全体的に束で支えているのが 分かります。 また、床下地も荒板なので、全体的に水平力に対する抵抗力が弱いと考えられます。

こちらも、全体的に束で支えているのが分かります。 全体的に水平力に対する抵抗力が弱いと考えられます。

 

小屋裏

壁の下地ラスボードが確認できます。

瓦が見えています。 現状雨漏りは確認出来ませんが、瓦の下地の防水紙が一部ない状態です。

 

耐震診断後の結果

 

<?前の診断事例 | 次の診断事例