耐震診断 三鷹市S様邸

建物概要 木造2階建て
・外壁:サイディング張りモルタル吹付仕上
・基礎:鉄筋コンクリート基礎
・屋根:スレート葺き
床面積 1階:62.75㎡(18.98坪)
2階:74.22㎡(22.45坪)
築年数 1987年竣工
診断時間
評点 現状0.27⇒補強後1.04
耐震診断

床下 

ホールの駐車場側通気口にクラックを確認致しました。
クラックの大きさとしては0.3㎜なので、構造体への影響はありません。

基礎と土台を緊結する、アンカーボルトが確認できます。

筋交いを確認致しました。
サイズは35×90で釘止めです。 耐力壁として有効です。

床の下地に腐食が見受けられます。
また、土台に水浸みの跡が確認できます。
改修時に土台等の確認をお勧め致します。

一部床レベル調整をクサビで調整している様子です。
地震によってズレが生じる可能性がありますので、
床改修時等に鋼製束等への交換をお 勧め致します。

基礎レベルの調整の様子です。

床がたわんでいる部分です。
原因はコンパネ下地の劣化と思われます。

小屋裏

筋交いが確認できます。
1階同様サイズは35×90で釘止めです。
耐力壁として有効です。

鋼製火打ちが確認できます。
水平力への抵抗に有効です。

浴室

タイル面のヒビを確認致しました。
土台や柱等への水漏れを防ぐシール処理等をお勧め致します。

 

 

耐震診断後の結果

耐震補強後の結果

補強計画
※緑色のラインが補強箇所です

 

<?前の診断事例 | 次の診断事例