耐震補強 西東京市O様邸

 

<建物概要>木造2階建、昭和50年築、外壁:モルタル、屋根:軽量瓦、延床面積:113.45㎡ 

建物概要 木造2階建て
・外壁:モルタル塗り
・基礎:無筋コンクリート
・屋根:軽量瓦
床面積 1階:63.76㎡(19.29坪)
2階:49.69㎡(15.03坪)
築年数 昭和50年竣工( 1975年)
施工部位 ?壁補強
評点 現状0.38⇒補強後1.04
耐震補強

今日からOさま邸の、耐震リフォームが始まりました

式守大工さん担当です

最初に押入の中を補強します

押入の中は、天井も壁も床も解体します。
すると筋交いや桁などの、補強に必要な構造体がお目見え

まず、する事は・・・
金物の取付です p(*^-^*)q がんばっ♪

10KNの金物を取り付けます

既存で取付いていた鉄の火打ちや羽子板ボルト
そして筋違いもお目見え

ところが、この筋違いに騙されちゃいました
診断の時は天井裏から見えるので、筋違い有り
って、喜んだのですが・・・

筋違いの下側が、桁に取付いていないではあ~りませんか

早速会社に戻り、計算のやり直しですo( _ _ )o ショボ~ン

まっ

耐震工事では、よくあるパターンです・・
\(*⌒0⌒)bがんばっ♪・・・ります

着々と進んでおります

まずは、式守大工さんの素晴らしい 「前屈」 をご覧ください

v(≧∇≦)v いえぇぇぇぇいっ♪

さすがです

でも、いま式守大工さんの悩みは・・・

「腰がイテェ~」 そうです・・・

痛いのに頑張ってくれています

これから貼る構造用合板の寸法を

キッチリバッチリ図ります

ここは、上下開口SRFっていう補強方法です

しっかり、金物も取付いています

式守大工さん、無理しないで頑張ってね・・・
って、勝手な事ばかり言ってスミマセン

いろんな職方さんがやってきます

室内では、耐震補強を進めている式守大工さんを筆頭に・・・

補強場所にエアコンがあった時の

エアコン一時取外し、ついでにコンセントも増やして・・・

いつも元気な琴丘電設さん

屋外では、足場も架け終わり

アロハペイントさんが・・・

どんどん・・・

どんどん・・・

どんどん・・・

どんどん・・・

どんどん・・・

塗装前の洗浄をしています o(*⌒O⌒)bふぁいとっ!!

明日っから、また宜しくお願いしまぁ~す ペコリ(o_ _)o))

Oさま邸のキッチンが取付きました

当初キッチンセットがありました

キッチンも耐震補強をしてもらい・・・

ちなみに・・・

斜めにたてかかっているものは

式守大工さんが

上手に外してくれた

造り付けの食器棚です (o^∇^o)ノ

そして、そして・・・

キッチンをセットしてもらい・・・

琴丘さんにインターホンを移設してもらい・・・

吉川施設さんに、水道をつないでもらい・・・

たくさんの職人さんに協力してもらい

こんなに、明るくて素敵なキッチンになりました

クリナップのラクエラシリーズ W195cm です

職人のみなさん

ありがとうございました m(__)m

お客様の声を聞かせていただきました。

耐震診断 西東京市O様邸

建物概要 木造2階建て
延床面積 113.45㎡/34.32坪
築年数 1975年竣工
診断時間 約2時間