耐震補強 西東京市I様邸

 

<建物概要>木造2階建、平成5年築、外壁:モルタル、屋根:コロニアル、延床面積:92.17㎡       

建物概要 木造2階建て
・外壁:モルタル塗り
・基礎:鉄筋コンクリート
・屋根:コロニアル
床面積 1階:48.69㎡(14.73坪)
2階:43.48㎡(13.15坪)
築年数 平成5年竣工(1993年)
施工部位 壁補強/外壁クラック補修/基礎クラック補修
評点 現状0.16⇒補強後1.03
耐震補強

外部から補強を進めました。

 

加藤さんがサンダーでモルタル壁を解体しています。

 

モルタル撤去完了!

 

金物を取付け、構造用合板で補強をしました。

 

桁から・・・

 

土台まで・・・しっかりと補強をしました。

その後、室内も進めます!!!

構造用合板で補強する場合は壁の幅は60センチ以上必要なのです( 〃..)

 

もともと45センチの壁を新しく柱を設けて60センチにします(=`ェ´=;)ゞ

 

柱の上下に金物を取り付けて・・構造用合板とSRFで補強します。
構造用合板を打った釘の上に接着剤を塗り、SRFを貼り釘を打ちます。
包帯で構造用合板に打った釘が抜けなくなることが目的です。

 

外は外壁も元通り(*゚∀゚*)!

ようやく、2週間の工事の騒ぎも落ち着き・・・

 

アルル店長もゆっくりできましたぁ~(〃艸〃)

店長お騒がせいたしました。
ありがとうございましたペコリ(o_ _)o))

実は、店長のブログで
もっとステキに当社の工事をご紹介いただいておりますので
よろしければ訪れてみてくださいませ(〃´3’〃)ゞ

http://ameblo.jp/shinkyu-cafe/theme2-10048454637.html

 

お客様の声を聞かせていただきました。

耐震診断 西東京市I様邸

建物概要 木造3階建て
延床面積 92.17㎡/27.88坪
築年数 1993年竣工
診断時間 約2時間