耐震診断 小平市住宅

建物概要 木造2階建て
・外壁:金属サイディング
・基礎:鉄筋コンクリート
・屋根:瓦
床面積 1階:37.68㎡(11.40坪)
2階:34.78㎡(10.52坪)
築年数 1984年竣工
診断時間
評点 現状0.09⇒補強後1.00
耐震診断

この子の名前は〝おぶすちゃん〟

何とも失礼な名前ですが、勝手に名付けました・・・。
ぶすっ。とこちらを見ている姿が可愛かった♪ ^m^

おぶすちゃんに見守られながら、診断開始です!

基礎クラックを確認しました。

床下は柱などの土台の確認です。

水が浸入した痕跡も確認しました。

和室の壁のクラックを確認。

襖を閉めた時の隙間も気になりました。

小屋裏から金物が使われているか・・・などを確認します。

 

羽子板金物

筋交いプレート

建築基準法の改正が行われていく中、筋交いが多用され、
現行の建築基準法を満たしている建物でも、
強い壁が筋交いを中心に回転する現象が起こり、
建物のホゾ抜け(柱が土台から引き抜かれる)が起こってしまうのです。
“接合部金物”を使って緊結・強化することで、建物が地震の揺れに抵抗してくれます。

耐震診断後の結果

耐震補強後の結果

補強計画
※緑色のラインが補強箇所です

 

<?前の診断事例 | 次の診断事例