自分で出来る地震対策

大地震では、冷蔵庫が ”走り” 家具が ”飛ぶ” そうです。
倒れたタンスにはさまれ、逃げるどころか、大ケガを・・・・・

そんなことにならない様に

耐震補強した家も!してない家も!家の中の安全の確保をお勧めします。

これだけはやっておきたい‼

”自分でできる地震対策”

是非、挑戦してみてください。

大切な家族を守られるには、あなた自身の行動だけです。


1. 家具類の配置、レイアウトを工夫する・・・家具や置物が凶器とならないように

□ ドアや避難経路をふさがらないよう配置する。

□ 下敷きにならないように配置する。(特に寝室の就寝になる場所は気をつけて)

□ 本棚や茶ダンスなどは、重い物を下の方に収納する。(重心を低くする)

□ 重い置物や、ガラス製品、陶器などの割れ物は、棚やタンスなどの高い所へは置かない。

 

2. 家具類の転倒、落下、移動防止・・・地震負傷者の3人に1人がこれが原因です

□ タンス、食器棚、本棚などは転倒を防止するため、L型金具や突っ張り棒で固定する。

□ 二段重ねの家具等は、上下を平型金具で連結する。

□ テーブルやイスなど壁に接して置かない家具類は移動防止のため、滑り止めのゴムやマットを取り付ける。

□ テレビや電子レンジ、冷蔵庫などの重量家電は、粘着マット、ゲルシート、移動防止ベルトなどで転倒、移動を防止する。

□ 食器棚や吊戸棚の開き扉は開放防止器具(掛金、耐震ラッチなど)を取付ける。

 

3.窓ガラス等の飛散防止・・・避難の際のケガ防止も大切です。

□ 窓ガラスや食器棚、サイドボードなどのガラス部分は、飛散防止フィルムを貼って、割れた際の破片の飛散を防ぐ。

□ 天井の照明器具は落下防止の鎖を付けて補強する。

□ 蛍光灯は、アクリル製のカバー付きのものなどに交換し、落下しても割れにくくする。

 

 

4.通電火災の防止・・・倒れた家財の中にスイッチの入った状態の電気器具があったり、ガス漏れがあったりすると通電再開後に火災や爆発のおそれがあります。

□ 既存の分電盤に地震の揺れでブレーカーが遮断される器具を取付ける。

□ (これは自分ではできませんが)地震の揺れで電気を自動で遮断する「感震ブレーカー」や「感震コンセント」の設置も一案です。


あなたや家族の身の安全の備えはできましたか?

大地震に備えて安心、安全に避難できるように、大切な事前準備が大切です。

A.家族で安否確認の方法や集合場所なども決めておく

一時的に離れ離れでも家族が居る安心感は絶大です。

どこに居ても必ず会える場所を決めておいてください。

B.「非常備蓄品」を備える

大地震から復旧するまでの最低3日分の食料・飲料水を用意しておく。

飲料水は1日3リットル(大人)が目安です。

C.「非常用持出袋」の備える

避難した際、当面必要となる最小限の品物を納めた「非常用持ち出し袋」を用意しておく。(目の付きやすい所に置いておく)

飲料水、携帯ラジオ、衣類、履物、食料品、マッチ・ライター、貴重品、懐中電灯、救急セット、雨具(防寒)、ティッシュなど生活に欠かせない用品を入れておきましょう。

5.災害用伝言サービスを利用する

 


「あっ・・・大地震!?」となったら・・・

まず、自分自身と家族の命を守ることを最優先に考えて!

物が落ちてこない、倒れてこない場所へ移動するか、テーブルや机の下に逃げるなどして身を守ってください。
揺れが収まるまで様子をみて、足元に注意しながら避難してください。
特に2階にいた場合、耐震基準を満たしていない建物の1階は倒壊してしまう危険があるので、あわてて1階に下りず、揺れの状態を見て、外の安全な場所に避難してください。

あわてない、あきらめない行動が大切です。

弊社では専門的な耐震補強の「入口」である、耐震診断を無料で行います。