耐震化が進まないのは費用のせい?

『見た目の変化がない』 『便利性が増すものでもない』 『投資が実感できない』 など理由は様々のようですが、
やはり費用が 障壁 になっていることは事実です。

しかし?自治体の助成制度 の利用や耐震改修減税、また高齢者向け返済特例制度の利用等により
自己負担を減らすことができます。

さらに私達 『耐震』 に携わる業者が、
『診断無料』 や 『診断から補強工事における合理化』 『工事経費の削減』 等、企業努力により、
お客様の費用負担を少しでも減らすことができれば皆様にとって決して
高くない壁となるでしょう。

 

耐震補強工事の費用は平均150万円程度です。

日本木造耐震補強事業者協同組合業者が実施した耐震診断のうち、補強工事の有無や工事内容・費用について把握できている耐震補強工事費用平均150万円程度です。あくまでも参考値となりますので、補強工事は強くする度合いに比例して工事代金も変わります。

例えば、「あと何年位、今のお家に住みたいか」「どれくらい費用だったら耐震補強を行なえるのか」など、
現実に照らし合わせてみる必要があります。

補強の種類と優先順位を参考にして、ご自身の家に合致した補強対策を講じることが大事です。

とはいえ
耐震の知識が無いし、補強の方法も、いくらかかるかも分からない・・・。
業者を信用するしかないじゃないの・・・。』? の方

こちら をクリックしてください。

 

耐震について