• 特長1 耐震診断・設計・補強工事 見積もりすべて
無料!」
  • 特長2 設計・施工・監理・アフターケアに至るまですべて自社にて一貫!
  • 特長3 地震補償(最大300万円)を1年間無料提供!!!
  • 特長1 耐震診断・設計・補強工事 見積もりすべて
無料!」
  • 特長2 設計・施工・監理・アフターケアに至るまですべて自社にて一貫!
  • 特長3 地震補償(最大300万円)を1年間無料提供!!!
HOME > 不安・心配 解消の秘訣 > 見積書の見方

見積書の見方

見積書のどこをチェックすればいいの?

見積書は複数の業者(2~3社)に依頼してください。

これは価格と誠意ある見積りかどうかを比較するためです。
その際に
別の業者から見積りを出してもらっている旨を伝え、あまり長く引き伸ばさない配慮が必要
です。
最初に工事総額を比較してみて下さい。
同じ条件でも金額が違う場合が常です。

そこで内容を細かくチェックします。

見積書の書式は工種別・部屋別等、書き方も様々ですが、工事の項目ごとに使用する材料の仕様と単価・
数量・その施工費(工賃)などが記載されています。

工事項目に 『一式』 が多い、あるいは 『一式』 となっていて 『工事仕様書』 が添付されていない場合、
単価が出せるのに 『一式』 となっている業者は信頼性に欠けます。


 

大雑把な見積りは大雑把な工事に繋がります。

きちんと分かりやすく、できるだけ細かく金額表示されているものがいいでしょう。
また、見積り依頼した内容や条件がしっかり反映されているかも確認して下さい。
信頼できる業者かどうか、ある程度予想できると思います。

見積書には専門用語が多く入っています。
みなさまには分からなくて当然です。

しっかりとした会社の担当者であれば、それをあなたに分かりやすく説明できるはずです。
説明がしどろもどろで、いい加減な答えしか返ってこなければ、この段階で見切るべきです。

東京都西東京市住吉町2-7-12

お問い合わせ
  • RSS配信
  • RSSヘルプ