ライブ形式工事事例

2017年10月14日 土曜日

リフォーム ビフォーアフター

先月工事が完了した西東京市のS様宅にお邪魔しました。

S様がキッチンに合わせて注文されていたキャビネットが設置されていたので写真撮影notecamera


こちらは着工前の写真です


左側が注文建築のキャビネット


キッチン設置の際も工事ブログをUPさせていただきましたが、キャビネットがあると更にステキlovely

着工前の写真と比べても一目瞭然ですが、機能的で使いやすいキッチンに生まれ変わりましたshine

本日おじゃました際、S様に「本当に満足しています」と言っていただき感動ですcrying

経験の浅い私が担当で、S様も不安に思う事もあったと思いますが、竣工まで本当にお世話になりましたhappy02

また何かありましたらいつでもご連絡お待ちしておりますheart04





投稿者 株式会社鈴木住研 | 記事URL

2017年10月10日 火曜日

床下断熱材のメリット

今日は床断熱材のメリットについてお話させていただきます。


snow、エアコンを使って暖房していると、上の方ばかり暖まって
足元は寒いためにあまり暖かさを感じないという事がありますよねtyphoon

空気は暖まると比重が軽くなって上に溜まり、冷たい空気が床付近にとどまる性質がある為だとご存知の方も多いと思います。

この現象は、家の断熱性が低い家ほど顕著に出てきます。

いくら空気を温めても壁や窓、天井、床から逃げていく熱が大きくなってしまい、温められるのは部屋の上の方だけ。

なので、暖かいのは頭の付近だけといった状況になってしまうのです。

反対に、床断熱ができている部屋は、同じ能力のエアコンをつかっても、部屋の下の方の空気まで温めることができます。

床断熱は、フローリングなど床のすぐ下を断熱するため、暖かさを感じやすく、
エアコンの設定温度を下げても体感温度は変わらない為、省エネにもつながりますlovely


ってことで今日の住研組の床下潜入隊notes

A様宅の床下です
根太の間に断熱材をカットしながら張っていきます。


湿気が気になる場合は、下に防湿シートを張ると効果的です。

A様宅も来週防湿シートを張りますので、その時はまたUPしますhappy02


~~~オマケの1枚~~~


汚れたブルーシートかと思ったら土にまみれたワタクシでしたcrying
今日もがんばりましたnotenote

























投稿者 株式会社鈴木住研 | 記事URL

2017年10月 3日 火曜日

危険な?!(笑)断熱材

ライブブログをサボっている間に、季節はすっかり秋maple

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

本日は9月末より始まりました東村山市のA様宅のご紹介です。

担当は式守大工さんです。


私が到着した時には和室の耐震工事も終わり、床には断熱材が敷いてありました。


断熱材の上にコンクリートパネルを貼り、その上に新しいフローリングを貼れば和室は完成sign01


のハズだったのですが・・・sign02


廊下で式守さんと私が打ち合わせをしていると、和室から悲鳴が・・・

慌てて駆けつけるとなんとA様のお嫁さんが断熱材を踏み外してしまい足が床下に落ちているではありませんかwobblyshock
た!大変っ・・・shock

・・・幸い擦り傷で済みましたsweat01sweat01



踏み外した時に破れたところです(笑)


式守さん、補修お願いしますhappy02


・・・と、それから5分も経たないうちに今度は現場写真を撮ろうとした私がsign03


見事に落下しましたcoldsweats02coldsweats02


水色のものが断熱材なのですが、イメージとしては発泡スチロールの様な感じなので普通に歩けば当然破れて落下します。なので断熱材の間にある根太の上を歩かなければならないのですが・・・

現場監督の私が大工さんの仕事増やしてしまいました・・・
お恥ずかしいcoldsweats01


でも式守さんは笑いながら、怪我の心配までしてくれましたlovely











































投稿者 株式会社鈴木住研 | 記事URL

2017年9月15日 金曜日

連携プレイでリフォーム工事

西東京市S様邸

本日は
note大工さん・内装屋さん・水道屋さんnote
職人さんが3人入ります。

先ずは加藤大工さん


おトイレの床&洗面所の壁補修


斉藤表具店さんは2Fのクロス&おトイレの床貼り


水道屋の久保さんは新しくした便器&シャワートイレの設置です。


皆、連携プレイで手際よくお仕事をこなしていきます。

技術に関してはドシロウトの私は終わった後の片づけをする程度・・・crying

But!職人さん達が手際よく仕事ができるのも、現場監督の私たちがしっかりと工程を組んでいるからだ!!!punch
と誰も褒めてくれないので自分で言ってみましたcoldsweats01


I様邸も竣工まであと少しshine

「住研組」がんばりますgood

投稿者 株式会社鈴木住研 | 記事URL

2017年9月12日 火曜日

省エネ・CO2削減の節電塗料

東久留米市のK様邸

屋根の塗り替え工事です。

使用するのは省エネ・節電・CO2削減の
節電塗料「Sガード」sign03

屋根や壁に塗るだけで夏sunsnowの空調負荷を低減し
な・なんと!約40%も電気代flairを削減できる優れものlovely


塗装といえばsign02「アロハペイント」さんの登場です(パチパチ)good


まずは足場を架けます。
そのあと洗浄、ひび割れなどを補修した後に下塗りをします。



下塗りが乾いたら「Sガード」を塗っていきます。
上塗りは全部で2回
アロハペイントさんはいつも仕事が素早くて、ていねいですshine



K様が選んだミント・グリーンが少し離れた場所からもキレイに映えていますfuji


塗り終えた直後の写真camera


K様邸は壁にもSガードを塗っています。
エコな生活間違いなしですねhappy02


Sガードは遮熱塗料で唯一のエコマーク認定の商品ですnote

リフォームご検討中の皆様
この機会にいかがでしょうかheart04



投稿者 株式会社鈴木住研 | 記事URL

東京都西東京市住吉町2-7-12

お問い合わせ
  • RSS配信
  • RSSヘルプ