耐震補強 三鷹市A様邸

 

<建物概要>木造2階建、昭和54年築、外壁:モルタル、屋根:コロニアル、延床面積:73.10㎡       

建物概要 木造2階建て
・外壁:モルタル塗り
・基礎:無筋コンクリート
・屋根:コロニアル葺き
床面積 1階:39.08㎡(11.82坪)
2階:34.02㎡(10.29坪)
築年数 昭和54年竣工(1979年)
施工部位 壁補強/劣化部補修
評点 現状0.14⇒補強後1.00
耐震補強

リビング

施工前

 

既存フローリングを剥がしました。

 

耐震診断時に確認していた、束の腐食。

 

束の交換をしました。

 

本来あるべき束が無い箇所もあったので、束を入れさせて頂きました。

 

土台火打ちも施工しました。

 

水色は断熱材です、その上に下地のコンパネを施工しています。

 

A様セレクトのカントリーパーチのフローリングを張っていきます。

 

いいですねぇ~(●´∀`●)

 

百瀬さん(左官・クリーニング屋さん)が珪藻土を塗っています。

 

漆喰だった壁が珪藻土の壁になりました。

 

 

基礎

床を剥がした際に2液エポキン剤で基礎クラックの補修をしました。

 

 

PCスペース

施工前

 

天袋・中棚等の解体をしました。

 

土台火打ちを入れ、構造用合板での補強をします。

 

しかし、補強をするための基礎が一部ありませんでした・・・。

 

そこで、基礎を新設させて頂きました。

 

土台から桁までを構造用合板で補強をしました。

 

A様の図面を参考に棚を造作し、塗装をしてもらい・・・

 

照明を設置して、押入がPCスペースに変わりました。

 

 

キッチン

施工前

 

壁・キッチンの解体をしました。

 

筋交いを施工しました。

 

その上から構造用合板を施工しました。

 

勝手口ドア側の壁も解体をして・・・

 

下地になるキットを施工しました。

 

上から耐震ボードを施工しました。

 

こちらは構造用合板での補強をしました。

 

天井に下地の石膏ボードを張り・・・

 

ソーラトンを施工しました。

 

キッチンにも土台火打ちを施工しました。

 

断熱材・下地を張り、リビングと同様のフローリングを張りました。

 

キッチンの出入口は中央から左側に移動しました。

 

キッチン前はタイル張りで仕上げました。

 

 

2階ホール

施工前

 

床と壁を傷つけないように解体をして・・・

 

耐震ボードで補強し、漆喰を塗って仕上げました。

 

 

和室①

施工前

 

解体をして・・・

 

筋交いプレートを施工しました。

 

石膏ボードを張り、まわりの壁と同様の仕上げをしました。

老朽による床の根太補強もさせて頂きました。

 

工事完了

和室②

診断時に凹んでいたこちらの和室も根太補強をしました。

 

浴室

 

施工前

 

解体をしました。

 

土台が水に攻撃されて腐ってしまっている箇所がありました。

 

土台の交換をして・・・

 

防水をしました。

 

ここからは、吉川施設工業さん(水道屋さん)とタイル屋さんが頑張ってくれます。

 

完成しましたぁ~(´∀`)

 

お客様の声を聞かせていただきました。

耐震診断 三鷹市A様邸

建物概要 木造2階建て
延床面積 73.10㎡/22.11坪
築年数 1979年竣工
診断時間 約2時間